SSブログ

「タクシードライバー」の主人公トラビスは認証欲求を求めていた。妄想癖、虚言癖。彼にも精神病の影を感じる? [精神病&精神障害]

87830705_3516617365079209_5470972549015797760_o.jpg

「タクシードライバー」の主人公トラビスは認証欲求を求めていた。妄想癖、虚言癖。彼にも精神病の影を感じる?

スコッセッシ映画の主人公が精神病患者が多いという件。もう少し考えてみる。「タクシードライバー」のトラビスは他のキャラに比べると異常性は低いが、彼もまた現実から乖離している。両親に送る手紙には自分は政府の特別な仕事をしていると綴るが、実はタクシー運転手。これは「俺って本当は凄いんだぜ。その辺の奴とは違うんだぜ」という若い兄ちゃんがよく考えがちな思いから始まっているだろう。

僕が若い頃にも「俺こそが第二の黒澤だ!」と思っている映画学校の生徒が少なからずいた。根拠のない自信。勘違い。「いずれ製作会社を作るので、お前も雇ってやるよ」と言われたこともある。が、それから40年。未だに連絡が来ない。ただ、その手の夢見がちな若者は、やがて現実にぶつかり夢破れて去って行く。

トラビスもそんな若者だったのだろう。ただ、違うのは大学に行けず海兵隊に行き、除隊したが後遺症で夜眠れず、タクシー運転手になった。それだけの存在。友達もおらず、いつも孤独。多分、最初は両親を喜ばせるために嘘の手紙を書いていたが、その内、嘘と現実の境目が分からなくなって行く。僕の昔の友人たちもそうだが、映画監督や俳優を目指していた連中も、友達の少ないやつは妄想に陥ることが多い。

その夢が現実的に難しいものでも、それを否定する存在がいないからだ。他人を見ているとバカに見える。俺の方がずっと能力がある。日本映画にはろくなものがない。俺が監督すれば素晴らしい作品いなるという、以前にも何度も書いたアウトプットとインプットの勘違いから「俺は才能がある」と思い込み、消えていった友人は数えられないくらいいる。

それが友人が少ないと批判、否定されることがないので、勘違いや錯覚が生き続け、それが肥大化して行くのだろう。ただ、逆に僕は友達がたくさんいたので「映画監督になる!」と宣言すると、いろんな人が批判、否定、助言、止めようとした。これはこれで困ったもので、そうやって多くの若者が夢を潰され、諦めてしまう。ただ、逆に誰も止めないことで本来無理なのに、いつまでも妄想を抱き続ける者もいる。

トラビスもそんな一人。彼には具体的な目的はないが、「俺は違うんだぜ!」という思いがある。これは承認欲求に繋がるもので、あまりにも無視され、認められることがない若者は何か大きいことをして見返したいという願望が強くなる。有名になり注目され、賞賛されたい。最近の若い人にも多いが「芸能人になりたい」というほとんどがその手の願望から来るものだ。長くなったので続きは別の機会に書く。

asahi20_edited-1-f0023.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

スコッセッシ映画の主人公は皆、精神障害を持っているように思える?=そこに何を描こうとしているのか? [精神病&精神障害]

88100438_3515856978488581_5671499482529792000_o.jpg

スコッセッシ映画の主人公は皆、精神障害を持っているように思える?=そこに何を描こうとしているのか?

マーティン・スコッセッシの映画を続けて見て改めて感じたのは主人公の狂気。「タクシードライバー」のトラビスも、「キングオブコメディ」のパンプキンも「レイジングブル」のラモッタも、どこかおかしい。どうにか日常生活を送ってはいるが、狂気を抱え、空回り。やがて暴走する。スコッセッシはそんな人物への興味が映画を作る原動力になっていると思える。

それとは違うかもしれないが、僕も10数年前に友人が奇怪な言動や行動をするようになって調べて以来、精神病を勉強している。精神障害を持つ人は意外にいることがわかった。多くが「あいつ変わっているなあ」とか「嫌な奴だな」といわれるのだが、病気だと気づかれない。ただ、彼ら彼女らには悪意があるのではなく、病気の症状による行動や発言。それが人を傷つけ、怒りを買うのである。

スコッセッシの映画の主人公たちも、そんな患者たちの症状がダブルものが多い。「レイジングブル」のジェイク・ラモッタはデニーロの好演もあって、かなり狂った感じがある。妻に対して嫉妬深く。ありもしない妄想をする。美しい女性なので夫としては心配なのは分かるが、弟とHしたとまで考えるのは病的。むしろ彼は妻を狙う男から守ろうとしている。これは「思い込みが激しい」という性格。そして「想像」と「現実」の区別がつかなくなる障害ではないか?

「キングオブコメディ」のパンプキンも同様(これは「ジョーカー」にも引き継がれている設定)思い込みが激しく、願望をいつしか現実と思いこみ。それが破れた時に怒り心頭となる。だから、周りは大変。何を怒っているのか分からない。これはストーカーの心理にも近い。「俺はこの子を守らなければならない。心無い狼が彼女を狙っている」という不安や心配を現実と思いこみ、女性を付け回す。手紙を開封して調べる。

異常でしかない行動だが、本人は「守っている」という意識なのだ。そんな妄想をスコッセッシは「キングオブコメディ」で現実と並列に描くことで、観客を戸惑わせる(同じ手法が「ジョーカー」でもある)パンプキンは「事務所に電話しろ」と有名コメディアンに言われただけなのに、友達感覚になり、番組の代役を頼まれ、休日に別荘で過ごそうと言われたとまで思いこむ。これも精神病にある症状だ。

境界性パーソナリティ障害の患者(女性が多い)も最初、男性に「あんたは素晴らしいです。応援させてください」と近づいて行く。そして「この人は私を理解し、救い出してくれる人だ」と思い込む。それがデートの誘いを断られたりすると「裏切られた!許せない。私を利用して捨てたのね!」と怒り狂い、報復を始める。先のパンプキンやジョーカーと共通するものがある。まだまだ、あるが、別の機会に書かせてもらう。


asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

コロナウイルス騒動。すでに原発事故と同様に御用学者による押さえ込みが始まっているのでは? [コロナウイルス]

IMG_3947.jpg

コロナウイルス騒動。すでに原発事故と同様に御用学者による押さえ込みが始まっているのでは?

「報道ステ」久々に見ているが、この2日。コロナウイルスのことで出演した学者たち。まるで他人事のように話す。要約すると「騒がなくても大丈夫です」と言わんがばかり。原発事故の時の御用学者を思い出す。

今日のフジテレビ正午の番組。「モーニング」では切迫感を持ち、ストレートに発言する女性学者。別人かと思うくらいに、言いづらそうに遠回しに発言。他のゲストは「心配ないですよ」と言いたいかのような意見が多い。

番組Pから注意か圧力がかかっていること。容易に想像がつく。これって原発事故の時の再現ではないか? あの時はとんでもないことが起こっていた。核燃料は溶け出して、すでに格納容器に穴を空けて漏れ出ていた。

13059_727634873977486_1376154400755328155_n.jpg

爆発によって放射能が各地に飛び散っていた。が、それを政府は隠蔽。大したことではないように世間をコントロール。白メガネの学者が「これは水素爆発ですね〜放射能は含まれていません」とか、悠長に語っていたのを思い出す。

当時は僕自身も「なんか引っかかるけど、専門家がそういうのならそうなんだろうなあ」と思っていたが、実は日本の存亡をかけたとんでも事態となっていたこと。あとで知ることになる。あの時、4号機のプールに水がなかったら、風向きが太平洋側に向いていなければ、東京は全滅していたかもしれない。

それを全て封印。テレビで御用学者たちが国民を安心させるために嘘八百を並べていたのだ。ただ、あの時は事態を知っても僕らは何もできず、都内はパニックなり、逃げ出す人でごった替えしただけになったはず。だが、今回は違う。国民が安心している間に、ウイルスはどんどん広がり、恐怖を拡大していく。

C2MkbJTUAAAJsPN.jpg

あの時、政府は国民をパニックに陥れないように情報を操作したが、今は違う。検査をせず患者数を低めに抑えることで、流行を否定して、オリンピックを開催したい。そのために広がる感染を見て見ぬフリをしようとしている。

ただ、共通するのはいずれも国民には真実が伝えられず、本当の脅威が知らされていないこと。原発事故は幸運にも最悪の展開はなかった。が、今回はどうか? コロナウイルスの感染はどこまで進んでいるのか?放射能と違い。目に見えた結果が出るはずだ。


asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

コロナウイルス。映画館ではどうか? 咳をしない人も患者かもしれない。感染したかもしれない? [コロナウイルス]

87828853_3516204535120492_6978568037699944448_n.jpg

コロナウイルス。映画館ではどうか? 咳をしない人も患者かもしれない。感染したかもしれない?

パフュームやエクザイルのコンサートが中止。他にも多くのイベントが延期されている。閉ざされた同じ空間に、患者がいた場合。そこから爆発的な感染が始まる可能性がある訳だ。パフュームのコンサート主催者も最初は「最大限の注意を払い開催する」と言っていたが、5時間前に中止を決定したという。数億円の損害だ。が、最大限の注意を払っても感染は止められない。中止の決定は正しい。

映画「ジョーズ」でもそうだったが、舞台となった街アミティは海水浴のメッカ。サメが出たと分かったら大変な損害になる。市長はサメ被害を隠す。そのことで犠牲者が続き、大変なことになる。まさに今の日本と同じ。政府は企業やイベンターには「自粛要請」をするが、オリンピックは自粛しようとしない。開催のために患者数が増えるのを抑える努力をするばかり。それも患者を増やすのを止めるのではなく、公式にカウントしないことで増やさないという悪辣な手法。

さて、コンサート以外ではどうか?と思い、映画館に行ってみた。高田馬場。200席くらいのキャパ。そのかいは70人ほどが入っている。マスクをしている人は半分行かないくらいか? しかし、ここでも咳き込んでいる人はいなかった。その種の人は自主的に家でおとなしくしているのか? ただ、コロナの潜伏期間は2週間と言われる。すでに感染しているが、自覚症状のない人が、この館内にいるとしたら?

多くが感染しているかもしれない。僕も感染したかもしれない。でも、病院では肺炎になるまで検査はしてはいけないという非情な指示を国から受けている。感染したかどうか知るよしはない。このまま毎日、出歩けば、感染を広げることになる。幸い、本日は異常なし。熱もなく、体の怠さもない。ただ、実際に街に出てみて、恐怖が目に見えないことに気づいた。それが恐怖なのだ。


asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

コロナウイルス。満員電車ではどんな感じになっているのか? [コロナウイルス]

87542034_3516205155120430_7130381705545777152_n.jpg

コロナウイルス。満員電車ではどんな感じになっているのか?

平日の午後。池袋まで出て、そこから高田馬場へ。電車で行ってみた。仕事柄、満員電車に乗ることはあまりない。月給がもらえる仕事ではないので不安定だが、この部分だけはありがたい。その電車。乗客の7−8割がマスクをしている。帰りは午後7時頃。ラッシュアワーで電車は超満員。すし詰状態。

もし、この車両にコロナウイルスに感染した患者がいたら、一発でカサンドラクロスだ。感染した複数の乗客が駅で別の路線に乗り換えて、また満員電車へ。そこで感染。倍々ゲームで、数週間が患者は数万人になるだろう。

ただ、幸いというか、僕が乗った車両ではほとんどがマスクをしているが、咳をしている人はいない。鼻水をすする人が1人。くしゃみをする人も1人。でも、それらは花粉症と思える。

風邪かな?と思った人たちは自主的に会社や学校を休み。電車に乗らないようにしているのか? それとも、風邪やインフルエンザの兆候がある人はまだまだ少ないのか・あるいは僕が乗った車両がたまたまそうだったのか?いろんな考え方ができる。

くしゃみをする人がいて、周りの客が驚いて振り向いたり、距離を取ったりということはしない。それは気遣ってなのか? コロナウイルスの脅威を知らないのか? それも分からない。見た目は特に日常と変わりない満員電車。でも、乗客の多くは恐怖を感じているのかもしれない。見た目だけでは分からない。


asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

コロナウイルス。街では何が起こっているのか?=映画屋の習性で調べたくなる。 [コロナウイルス]

safe_image-1.php.jpeg

コロナウイルス。街では何が起こっているのか?=映画屋の習性で調べたくなる。

僕はジャーナリストではない。だから、政権批判をしても、原発問題を書いても、コロナウイルスに関心を持っても、それは映画作家として社会を知る、現代を知るというところから来ている。世の中を知らずして脚本は書けない。例えコロナウイルスの映画を作らなくても、調べ、聞き、見つめることで時代の流れを把握できる。時代を理解していない作家がいくら作品を書いても、同じ時代を生きる人たちの共感は得られない。

それが過去の物語でも、空想の世界でも、現代を把握するからこそ。現代を生きる人たちの共感を得ることができる。それは映画だけでなく、家電でも、農産物でも、ファッションでも同じだ。時代が求めているものは何か?が分からないと生み出したり、作ったりは出来ない。大手広告代理店で働く友人は多忙であっても、部屋にいる間はずっとテレビを付けっ放し。あれこれ見ている。テレビプロデュサーの知人はキャバクラ通い。女好きではなく、不特定多数の若い女性が何に興味あるか?を聞き出すためだ。

僕の場合は事件。事件があるとあれこれ調べる。原発事故も元々は映画にしようという思いはなく、その種の関心で勉強を始めた。毎日のテレビ報道を録画。図書館に通い、事故当時の新聞雑誌を調べる。さらに専門を読む。詳しい人に話を聞く。逆に興味のない人がどう考えているか?も聞く。その意味で今はコロナウイルスだ。

現在、やっているのは毎日のテレビ報道を見ること。ネットでその種の情報を探すこと。それらを精査。仮説を立てたり、真相を見極めたりしている。が、足りないのは現場取材。それをせずにテレビやネットばかり見ていては現実が見えなくなる。

病院の取材等は難しいので、とりあえず街に出てみた。今、東京の街はどうなっているのか? 咳をしている人はどのくらいか? それを肌で感じてみたい。先日の連休。銀座は異常に人が少なかったと聞くが本当なのか? 街に出てみる。


asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

安倍政権がやることは皆、同じ手口 「政権支持率は高いですよ〜」 「森友事件に昭恵夫人が関わった記録はありませんよ〜」コロナ対策も同様! [コロナウイルス]

67403654_2863988173675468_8974586331111882752_n.jpg

 安倍政権がやることは皆、同じ手口

「政権支持率は高いですよ〜」

「森友事件に昭恵夫人が関わった記録はありませんよ〜」

「ホテルから宛名なしの領収書出してもらいましたよ〜」

「コロナウイルスの患者数は多くありませんよ〜だからオリンピックはできます!」

 ワンパターンか!全部嘘と改ざんで誤魔化し。この手口にまだ、気づかない人。いるかな?



asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画