SSブログ

どうすれば真相にたどり着けるのか?=コロナウイルスの場合。陰謀ありきで推理してはいけない。 [コロナウイルス]

safe_image-1.php.jpeg

どうすれば真相にたどり着けるのか?=コロナウイルスの場合。陰謀ありきで推理してはいけない。

コロナウイルスについてのFacebook記事やツイートをあれこれ見る。細菌兵器説から人類削減計画。「いやいや、細菌兵器なんて馬鹿な話はない」や「単に政権がアホなだけ」と言う指摘までいろいろある。意見を言うのは自由だし、真面目に論じている人から冗談半分まで背景もいろいろある。

それらを読んで思うこと。もし、それを真面目て論じているのなら、思い込みに囚われ、整合性が弱いものが多い。アホとかいうのではない。その多くは情報通で、マスコミ報道を鵜呑みにしない、賢明な人たちなのだが、あえて言わせてもらえれば論理性に欠ける。思い込みが強い。論理の飛躍がある。

その背景にはやはり日本の教育がある。意見を述べる、伝えるという訓練をして来なかったこと。そんな機会を持つことがなかったという人が多いからだろう。自分の中で「絶対にそうだ!」と思えても、口に出して伝えると、自身で矛盾点に気づいた経験はないだろうか? そして、他人の意見を読む、聞くと問題点に気づくことで「私はこんなミスをしない」と思ったりしたことはないか?

例えば「コロナウイルスは宇宙人の仕業である!」という意見があってもいい。別に決定的な証拠がなくてもいい。推論でも、「なるほどそれならありえるな!」と思える論旨であればOK。だが、その手の多くは「宇宙人がいてもおかしくない」「そんなウイルスを作れるのは宇宙人だけ。だから、彼らの仕業」という勝手な思い込みがあることが多い。それでは納得できない。

10614252_716399628434344_4341808076062053210_n-e4844.jpg

例えば「ディープス・テイツの攻撃」ということもありえる。だったら、目的は? どのようにして? なぜ今なのか? メリットは? それらの点で納得いく推理がなくてはその説は成立しない。

よく見かける意見は「人類削減計画」ビル・ゲイツがすでに実践していると言われる。ワクチンで世界の人口を減らすことで、良い社会にするという計画。これは筋が通る。ヒトラーも実践したことだ。酷い話だが考えるひともいるだろう。

だが、コロナウイルスは死亡率が低い。人類削減計画には不向き。潜伏期間が長いというのは、細菌兵器としてはプラスだが、死亡するのは高齢者が主。もっと多くが死なないと人類削減にはならない。そう考えると、秘密組織による人口削減計画というのは違うと思える。逆に「細菌兵器なんかじゃない」という意見。理由は「**国の科学者が否定している」それだけ。

それなら原発事故の時「放射能はニコニコ笑っていれば近寄って来ない」と言った科学者がいたが、あれは事実だったか? 科学者だって政治家だって嘘をつく。間違いを犯す。一つの発言だけで結論を出すのは危険。ミステリー小説と同じで、そのことで誰が一番得をするか? どんなメリットがあるのか? 動機は何か?を考えることが大事。

日頃から「宇宙人はいる!」「人類絶滅を狙っている!」と思っている人は、それに嵌るようにコロナ騒動を解釈しがち。それではいけない。日航123便事件も、原発事故も、そんな風に整合性を考えて推理すると、いろんなものが見えてきた。今回も同じ。そんな視点で考えていくならば、きっと真相が見つかるはずだ。


asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

コロナウイルスに対応する関係各所の皆さん。今回は原発事故時の誤魔化しは効きませんよ〜。 [コロナウイルス]

safe_image-1.php.jpeg

コロナウイルスに対応する関係各所の皆さん。今回は原発事故時の誤魔化しは効きませんよ〜。

原発事故で放射能が各地に飛散した時は「直ちに健康被害はありません」とアナウンスして、各地の線量を低めに発表。スピーディの結果も封印して、騒ぎを押さえ込もうとした。

そして今も甲状腺癌の患者を正確に発表しない。多くの病院で検査を受けさせない。学者に「福島はもともと甲状腺癌が多い」などと言わせて誤魔化し続けている。それらが通用するのは放射能が見えないから。臭わない。すぐに被害が出ないということがあったから。

しかし、コロナウイルスはそうはいかない。こちらも見えないが、咳が出る。熱が出る。肺炎になる。高齢者や持病のある人は死に至る可能性がある。何より感染する。これらは目に見える。簡単に隠すことはできない。いくら検査を控えて患者認定数を低くしても、身の回りで咳をする人がいるだけで皆、恐怖を感じる。放射能の時のような誤魔化しは効かない。

政権の支持率なら下駄を履かせて50%と言えても、患者数は全国で100人と報道しても、身の周りで寝込む人が多ければ誰も信じない。むしろ「政府が隠蔽している」「言われたことをしていたら大変なことになる」と不安や恐怖が増す。特に都会は通勤電車。コロナ感染を広めるようなもの。イベント、スポーツ、コンサート、全て感染に拍車をかける。

なのに、政府はそれを中止させない。学校を休みにしない。なぜなら、コロナが流行していることを認めることになるからだ。オリンピックが中止になるかもしれないからだ。だが、原発事故の時とは違う。今回は目に見えるパンデミックが広がる。オリンピックを止めたくなければ、今とは逆の努力。正確な患者数を把握して、対応することが大切なはずだ...。


asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

政府がやっているのは50年前の映画と同じ=国民の健康より巨額の損失が大事? [コロナウイルス]

135694_01.jpg

政府がやっているのは50年前の映画と同じ=国民の健康より巨額の損失が大事?

1970年代に「パニック映画」と言うジャンルが流行った。天変地異や人災による災害を描いた作品。「ポセイドン・アドベンチャー」に始まり、「エアーポート75」「タワーリング・インフェルノ」「カサンドラクロス」と色々あった。事故ばかりでなく、動物が暴れるもの。蜂が襲ってくるもの。ミミズの襲来。カエルの攻撃。サメが襲ってくる「ジョーズ」もそんな1本だろう。

そんな映画は初期段階で必ずトップが事件を隠蔽する。「タワーリング・インフェルノ」で言えば、超高層ビルを作らせた会社の御曹司(ロバート・ワグナー)が電気系統で安物のヒューズを使っていた。事実を知った設計士のポールニューマンはそれに抗議するが、時すでに遅く電源室でショート。部屋の備品に燃え移る。上層階では財界の著名人、文化人を呼んでパーティが進む。

その部屋の消化に向かった時には、もう建物内の消化設備では間に合わず、ドアを開けた途端にバックドラフト。他の部屋に広がってしまう。それでも責任者は事故を隠してパーティを続行するが....と言う物語。「ジョーズ」も同じ。海水浴場でサメによる被害者が出ても、市長は「これは船のエンジンに巻き込まれて死んだんだ」と言い張り、各地から訪れた海水浴客たちに知らせない。その町の最大の収入源だからだ。そのために犠牲者が続出。隠しきれなくなる...。

そんな1970年代の映画と同じことをしているのが、日本の 現政権である。船に封じ込める。いい加減な検査で陰性になれば公共の交通機関で帰宅。そして民間には検査をさせない。そのことでコロナウイルスの患者認定数を増やさない。理由はオリンピックだ。中止にすると莫大な損害が出る。今、そこにある危機を隠し続ける。政府のやっていることは感染を広げるのと同じ。

結果、患者増え、オリンピックをより開催できなくする努力をしているのと同じ。それも1970年代ー50年前の映画の悪役たちと同じ発想で、同じ行動。愚かとしか言いようがない。だから我々は意図的に流されたデマや政府の思惑ある報道に惑わされず、自身で真相を考え行動せねばならない。まさにパニック映画の主人公たちと同じになってしまった。


asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

こんなツイートがやたら流れている??? 「よく考えたらコロナウイルスにかかっている人あまりいないよね笑」 [コロナウイルス]

87757867_3509586022449010_7030687676290301952_n.jpg

こんなツイートがやたら流れている???

「よく考えたらコロナウイルスにかかっている人あまりいないよね笑」

全く同じ文章なのに複数のアカウントが発信している。全て女性? それも同時期に一斉に始まったようだ。Twitterで検索すればいっぱい出てくる。

これ、J党が得意のネット部隊にやらせているんだろう。とすれば、「実際には流行している」と言うことだ。だから、それを否定したい。その理由は「世間が不安になり、オリンピック中止の声が上がること」

だから、積極的に検査せず、患者数が増えないようにしているのね? その間に感染がどんどん広がり、本当にオリンピック中止になるかも? やっていること反対なんじゃないかな?


asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画