SSブログ

「陰謀論。好きだね〜」という人。身近にいませんか?=僕らの知っていることは極一部。危険なことは知らされない? [コロナウイルス]

safe_image-1.php.jpeg

「陰謀論。好きだね〜」という人。身近にいませんか?=僕らの知っていることは極一部。危険なことは知らされない?

コロナウイルスの件で細菌兵器の話をすると「そんなものある訳ないだろう。映画の見過ぎじゃないのぉ?」という人がいる。が、その手の人は本当にテレビにうまく洗脳されていると思える。とは言え、僕も311まではそちらの側にいた。

原発事故により、原子力ムラの強大な力。政治を動かす電力会社の裏の顔を知った。「日本の原発は安心です」と大キャンペーン。しかし、311以前も事故は何度持ったが、広告料という名の莫大な賄賂をもらっていたマスコミは報道しなかっただけだ。この辺のことはもう多くの日本人が知っている。原価総括方式というとんでもない計算式で国民から多額の金を吸い上げてきたのに、僕らはそれを知らなかった。

同じように企業や政府が隠していることは色々あるはずだ。それを僕らはテレビニュースを見て、すべて知っていると思い込まされていただけだ。本当に大事なことは知らない。伝えられない。封印されていることが多い。原発事故を取材したことで、原発だけではない、様々なカラクリや秘密がこの国にあることを知った。

「ドキュメンタリー沖縄戦」取材も同様。想像を遥かに超えた地獄。それが戦争だと知った。が、それは教科書にも書かれておらず、NHKスペシャルでも伝えない。調べれば分かることだがマスコミはあまり触れようとしない。どうも沖縄戦を伝えて欲しくない人たちがいるようだ。国民が知らないでいてほしい人たちもいると思える。

73357295_3104678879606395_3776591994940293120_n.jpg

731石井細菌部隊も森村誠一がルポするまで公にはなっていなかった。捕虜として捉えた兵士を、あるいは捕まえてきた中国人を生きたまま人体実験。ペストを注射した人間は何日で死亡するか?というような実験を続けた。「悪魔の飽食」という本でそれを伝えたのだが、連日、政治結社が著者の家に街宣車で押しかけたという。

市会議員になった友人。こういう。「議員になり、様々な情報に接するようになり、こんなこともある。あんなこともある。でも、それが市民には伝えられていないことに驚愕した」そう、市民はテレビを見て分かった気になっているが、肝心なことは何も知らない。

地震兵器というものをご存知か?「そんなものある訳ないだろう?」と言われそうだが、1995年の阪神大震災以前には国会でも討議されたことがあり、存在を確認されている。原爆や水爆だけが兵器ではない。それらは人だけでなく建物まで破壊してしまう。侵略ということを考えれば、人だけ殺して、建物や施設はそのまま使う方が経済的。そう考えると細菌兵器なら人だけを殺す。

そう考える科学者がいても不思議ではないし、考えない方がおかしい。戦争は金になる。頭のいい学者を集め、膨大な予算をかけて武器を開発する。その中で地震兵器や細菌兵器が作られてもおかしくない。いやあって当然だろう。それを「陰謀論」とかいう方が変だ。

ちなみに陰謀論という言葉は1960年代にCIAが作ったものだ。「ケネディ暗殺はオズワルドではない」という論調を潰すためだ。「陰謀論好きだね」と言わせ、真相を探るものをバカ扱いし、その主張を広げないためだったという。それは日本にも広がり、今も政府や企業はとても助かっているだろう。僕らの知っている現実は極一部であり、それを知って欲しくない人たちがいるいうことなのだ。


asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

独裁のためのパンデミック作戦=コロナ騒動で禁断の法律制定を狙う政治家たち!(要注意) [コロナウイルス]

safe_image-1.php.jpeg

独裁のためのパンデミック作戦=ヒトラーに学んだの?

根が映画屋なもので、感染というとパニック映画を想像する。その影にはいつも政府の陰謀。ダイアモンド・プリンセス号で感染を広めたところで、保菌者を「陰性」と判断。自宅に戻らせる。

その経路で感染が広がりパニック。そこで「このままでは収拾がつかない。政府に大きな決定権がないと抑え切れない!」と「緊急事態条項」を可決。独裁に持って行く。あの連中なら考えそうだね。と友人に話すと「緊急事態条項って何?」というので、「この作戦は行ける」と思えてしまった。

ちなみにヒトラーは「共産主義者が国会に火をつけた」と濡れ衣を着せて国民を怯えさせ、全権委任法を合法的に可決。独裁を手に入れ暴走する。そのあとのことはご存知の通り。ホロコースト。戦争。人種差別。。。。あの人もそれが狙い?


asahi20_edited-1-f0023.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

コロナウイルス騒動。他人事ではなかった=依頼されていた講演会や上映会が中止! [コロナウイルス]

safe_image-1.php.jpeg

コロナウイルス騒動。他人事ではなかった=依頼されていた講演会や上映会が中止!

コロナウイルス。自分にはあまり関係ないと思っていた。満員電車に乗らないし、会社にも通わない。でも、そうでもないことを感じた。「朝日のあたる家」と「明日にかける橋」が別の場所で3月に上映されることになっていたが共に上映延期。さらに依頼されていた講演会も中止となった。映画は人が集まる。残念だが、その決定は正しい。

電車に乗ると多くの人がマスクをしている。連日の報道が伝わっていると思える。自宅勤務、あるいは待機になった会社もあると聞くが、それでも毎朝、通勤電車は満員だ。その中に1人。感染者がいればどうか? あっと言う間に東京中に、日本中にコロナウイルスは広がるだろう。

厚生省は未だに「流行しているとは言えない」なんてアナウンスしているが、これは後手というだけでなく、それを認めることでパニックの引き金になるのを恐れているのかもしれない。原発事故の時もスピーディで外部に出た放射能の行方を確認していたにも関わらず、パニックを恐れて発表せず。その方向に逃げた多くの人が被曝している。

そんなことを平気でする国なので、政府発表を真に受けていたら大変なことになる。今回のコロナウイルス騒動。僕は当初、完全に他人事だと思っていたが、先にも書いたように、原発事故と同じように何か重要なことが隠されていると感じる。現在のマスコミ報道はこうだ。

「感染力は強いが、すぐ死に至るものではない。が、高齢者は危険なので注意」

これまでのインフルエンザと大差ない。では、なぜ、これほどまでに騒ぎ立てるのか? マスコミが大げさに報道? 日本政府の対応が後手に回っているから? でも、日本より海外の方が大騒ぎしている感がある。だとすると、各国の国民には知らせることのできない、何か重大事があるのではないか? 

日航123便墜落事故も、本当は自衛隊機が撃墜し、乗客を火炎放射器で焼き殺したと言われる。自衛隊が起こした大きなミスを隠すためだ。それを事故として葬った。同じように例えば、中国の研究所から漏れ出した細菌兵器だとしたら、世界的に問題になる。でも、そうならアメリカが批判するだろう。それをしないなら別の側面があるはず。いずれにしても僕らには知らされていない何があるはずだ。


asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

コロナウイルス騒動。おかしなことに気づく=やはり細菌兵器説か? [コロナウイルス]

safe_image-1.php.jpeg

コロナウイルス騒動。おかしなことに気づく=やはり細菌兵器説?

ここしばらくテレビを見られなかったので、10日分くらいの録画した番組を見続けている。「モーニングショー」と「NEWS23」だ。「報道ステ」はもう録画してまで見る番組ではないと思え、少し前に外した。さて、両番組(多分、他の番組でも)連日、コロナウイルスについて報道している。

特に「モー」は時間枠をギリギリまで使い詳しく解説。懸念される感染の怖さが伝わる。が、気になるのはインフルエンザやサーズと何が違うのか? 何が一番怖いのか? がよく分からない。中国で1000人死亡という情報。これは確かに怖い。ただ、猛毒性があり数日で死に至るというものではない。日本では死亡が2人。それも高齢者。症状自体はさほど重くないが、高齢、持病を持つ人は危険という報道だ。

中国でも死亡した多くは高齢者と聞く。コロナウイルスでなく風邪でも高齢者なら死に至る危険性はある。とすると、インフルエンザやサーズとの大きな違いが見えないのに、マスコミも政府も、これまでになく動揺し、騒いでいるように思える。日本だけなら分かるが、海外の方がむしろ深刻。多くの国は中国からの観光客を受け入れ禁止。アメリカ政府はダイヤモンド・プリンセス号のアメリカ人乗客救出に乗り出した。

中国では習近平が市内に行き、市民を励ましたという。そんなことをする国か?と思え、いつもと様子が違う。そんな中、コロナに感染した患者には抗体が出来ず、再度感染する危険性があるというニュースが入る。そんなウイルスあるの? さらに、HIV、エボラと同様の症状をコロナは起こすという情報。実際、「モー」で患者の治療にHIVの抗体が使われた説明(さらりと流したが)。

もし、それらが事実とすると、なんでウイルスがHIVやエボラの特性を持っているの? 大自然で合体? そんな驚異的な偶然ってある? むしろ、人間を死に至らしめる強力な病原菌や細菌を、誰かが選び、意図的に結合させたと考えた方が納得が行く。とすれば、細菌兵器という情報も真実味を持つ。それを各国の上層部は知っている。多分、まだ発表されていない毒性や大きな問題点があるはず。それを隠して対応。

それでも危機管理能力の低い日本政府は後手後手。あるいは「これを機会に緊急事態条項を可決してやれ。そのために被害が大きい方がいい」と思っているのか? ともかく細菌兵器と分かれば確実にパニックなる。だから、従来のインフルエンザと変わらない症状だと言いながら、厳しい対応をしているのではないか? だとすると問題は細菌兵器は流出したのか?あるいは使用されたのか?ということ。誰が何のために?それは別の機会に考える。


asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

コロナウイルスの特徴=やはり細菌兵器?!まじか〜。 [コロナウイルス]

safe_image-1.php.jpeg

コロナウイルスの特徴=やはり細菌兵器?!

①潜伏期間が長い
②一度感染しても免疫ができず、また感染する
③感染力が強い
④感染すると免疫力が落ちる(HIVに近い症状?)
⑤HIVだけでなくエボラに近い症状も出るとの話も?情報未確認

これ細菌兵器ならかなり優秀だな。悪質な病気の特性を備えた上に、潜伏期間が長ければ、患者は発病前にあちこち移動し、感染を広げてくれる。おまけに間抜けな国は後手後手になり、さらに患者を増やしてくれるからなあ。

asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画