SSブログ

オウム事件当時の世情を思い出す。煽られ、先導された日本人。ドキュメンタリー「A」シリーズが暴く。 [映画感想]

72211368_3187544927986456_115670401358495744_o.jpg

オウム事件当時の世情を思い出す。煽られ、先導された日本人。
ドキュメンタリー「A」シリーズが暴く。

1995年。地下鉄サリン事件が起こったとき。連日のオウム報道。ワイドショーはオウム一色。この手の話題が好きな僕はテレビにかじりついていた。ある日、大衆食堂で飯を食いながら麻原逮捕のニュースを見ていた。仕事帰りのオヤジがビールを飲みながら、テレビを見つめて文句を言っている。

「本当に許せねえなあ。麻原って野郎は!俺にも一発殴らせろ!」

同じような発言は友人たちもしていた。が、それはおかしい。もし、彼らがサリン事件の被害者。あるいはその友人であるならまだ分かる。が、いくら相手が犯罪者とはいえ、彼らにそんな権利はない。何の被害を受けてもいないのに、例え被害を受けていたとしても、犯罪者に対して危害を加えていいと言うことにはならない。僕がそういうと、友人たちはこう言い出す。

「お前は麻原を庇うのか? オウムの味方をするのか?」

怒りのせいで理性を失っていた。「今すぐに麻原を吊るせ!」という感じ。確かに麻原も教団も想像を超えた酷いことをしている。が、彼らが憤るその情報を伝えているのはマスコミ。テレビや新聞。報じられること全てが真実なのだろうか? それらを鵜呑みにして「麻原を殴らせろ」「麻原を今すぐ絞首刑にしろ」というのはどうなのか?それでは中世の魔女狩りだ。

ほとんどの国民はオウム憎しで燃え上がっていた。各地で「オウム信者は出て行け」と住民運動が起こった。思い出すことがある。戦時中も同じ。鬼畜米英。「アメリカは許せない」一億総火の玉。大本営に煽られて日本人は戦争に突き進んだ。アメリカも同じ。

「リメンバー・パール・ハーバー!」「ジャップは許せない!」「不意打ち。汚い奴らだ!」

どちらも国とマスコミに先導され、誘導され、煽られて戦争に突き進んで行く。それは70年近い過去のことだと思っていたが、現在の日本でもそれを再現することは簡単ではないか?と、オウム事件に対する国民の反応を見ていて感じた。だが、それを指摘してもこう言われる。

「オウムを弁護するのか? だったら信者になれ。可哀想な犠牲者のことを考えたことはないのか?」

その論法はネトウヨにも似ている。人は愚かですぐに先導される。そのことを理解した人間がどこかで日本人を操っているはず。それから24年。やっと森達也監督の「A」を見た。マスコミがオウムを憎悪させる情報を選んで報じていたことを知る。それが1995年の真実だ。オウムが無実とは言わないが、マスコミは有罪だ。



m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

森達也監督の「A2」凄かった。オウム事件当時の教団内を紹介? 見えてきたのはマスコミと住民の狂気? テレビでは絶対に放送できない作品 [映画感想]

72211368_3187544927986456_115670401358495744_o.jpg

森達也監督の「A2」凄かった。オウム事件当時の教団側内部を紹介? 見えてきたのはマスコミと住民の狂気? テレビでは絶対に放送できない作品

僕も映像業界で働く身なので、マスコミがいかに嘘を発信しているか?は分かっているつもりだったが、このドキュメンタリー映画を見て思い知った。1995年。僕もテレビにかじりつきオウム事件報道を見ていたが、マスコミが報道しないこんな現実があったことに衝撃を受ける。

前作「A」もそうだが、見ているとオウムの信者たちが気の毒に思えてくる。当時、そんなことを言おうものなら「お前はオウムの味方か!」「だったら入信しろ」「最低の奴らだ」と感情的に周りから攻撃されただろう。しかし、「A」で描かれたのは実行犯ではなく、彼らが逮捕された後。教団を維持することに奔走する村木広報部長ら。彼らは犯罪には関わっておらず、その計画さえ知らなかったのだ。

その構図は犯罪を起こした犯人の家族をバッシングするのと同じ。サリン事件は憎むべきものだが、事件を起こした団体に所属しているだけで、批判、バッシング、差別され、近隣の住民から出て行けと言われる。が、転出した先でも同じことが繰り返される。そして今回、描かれたのは、右翼団体の行動。最初はヤクザまがいな行動に驚かされるが、彼らは意外な発言をする。

「出て行け!では何も解決しない。解散することがオウム信者たちの最良の道だ」

ただ「出て行け」というだけの住民より理解できる。住民たちは「怖い」「危険」「だから、他へ行って欲しい」「出て行け」という自分たちのことをしか考えずに批判しているだけなのだ。だが、教団を監視していた住民グループが信者たちと仲良くなった地区もあることを映画は紹介する。最初は敵対していたが、次第に信者たちが危険な存在ではないことを理解したのだ。

しかし、その様子をマスコミは決して報道しない。トラブルが起こったときのみ、カメラを回しテレビに映し出す。「A」で描かれていたが、警察官が明らかなヤラセで信者を逮捕したり、警察、マスコミとは何なのか? 事件を起こした団体に属していれば何をしてもいいのか? イメージの悪い部分のみを報道。そうではない部分を隠してしまう。それが警察やマスコミのすることか?

この映画はオウムが悪くないと描いているのではない。マスコミや警察は本当に正しいのか? 素直に彼らを信じてはいけないのではないか? そして市民はそれらに乗せられ誘導されているのではないか?そんなことを語りかけてくる。渾身の力作。大塚のシネマハウスで明日17日まで森達也特集がつづく。



m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

森達也監督「 A」を見た。ドキュメンタリー映画。昔は大嫌いだった。そのスゴさに近年、衝撃を受けるばかり! [映画感想]

74209848_3152303074843975_27348994531262464_n.jpg

ドキュメンタリー映画。昔は大嫌いだった。だが、そのスゴさに近年、衝撃を受けるばかり!

退屈。真面目。押し付けがましい。でも、それらは学校で無理やり見せられた「人権」や「差別」がテーマの映画だった。大事なテーマだが映画の作り方が悪い。説教されている気がする。あとはNHKのドキュメンタリー。これも退屈。途中で休憩したくなる。

ドキュメンタリーを作る人たちには「これは大事なことです。あなたたちは知らねばなりません!」と高いところから強いる姿勢が感じられる。「退屈とか、関係ない。文句言わずに見るべきだ」的な傲慢さがある。それほどの思いがあるから、正義感を持っているからこそ、ドキュメンタリーという儲からない仕事をしているということもある。

ただ、テーマが素晴らしくても「退屈させる」というのは許せない。僕は劇映画の監督であり、基本はエンタテイメントだ。退屈させ、見ることを強いるのは作家として技量がないと思える。その意味でドキュメンタリーだが、マイケルムーアはうまい。あざとい。とも言えるが、真面目にダラダラ見せるだけがドキュメンタリーではない。

しかし、近年、素晴らしいドキュメンタリーに数多く出会う。先に見た森達也監督の「「A」は本当に凄い。単にオウム信者を描くだけでなく、マスコミ、警察権力、それらに振り回されている一般市民とは何か?まで描いている。物事には多面性があることも分かる。そして何より商業映画やテレビでは絶対にできない作品であること。同じことは三上智恵監督の「標的の島」シリーズにも言える。三部作と「沖縄スパイ戦史」は見たが、圧倒された。

沖縄の基地問題があんな風になっていること。全く知らなかったし、マスコミはほとんど伝えていない。先の森監督も、三上監督も物凄い労力と時間を注いで作品を撮っている。それはもう仕事を超えた作業だ。その時を撮れなければ、後で撮ることはできない瞬間を捉えている。劇映画撮影も大変だが、まだリテイクができる。が、どんな高額な費用を使ってもドキュメンタリーはできない。

完成した作品はテレビや新聞のようなスポンサー付きの報道では絶対に映し出せない現実を届けてくれる。凄いとしか言えない。今回、僕は初めて長編ドキュメンタリーを監督した。12月に沖縄で上映。絶対にNHKではできない作品。これまでの沖縄戦ドキュメンタリーでは描いていない面がたくさんある。ぜひ、見て欲しい。

予告編=> https://youtu.be/81I-BLROlxY


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

女優を目指すモデルさん。なぜ、女優になれないのか?=35年前の思い出を手繰ってみた。 [映画業界物語]

IMG_3197.JPG

女優を目指すモデルさん。なぜ、女優になれないのか?=35年前の思い出を手繰ってみた。

もう35年以上前の話だが、カラオケビデオの仕事をしていた。僕はAD(アシスタント・ディレクター)というと聞こえはいいが、何でも屋だ。カラオケ・ビデオの撮影隊は監督、カメラマン。プロデュサー。そしてADの4−5人。当時はドラマ仕立てのものが多かったので、撮影自体は映画と同じスタイル。ただ、音やセリフは録音しない。

出演者が1人ということが多い。街をさまよい歩くだけのものとか、彼と2人でデートするだけのものもある。カラオケ・ビデオの予算は安く、出演するのは有名な俳優ではない。俳優ですらなく、多くはモデルさんだった。俳優というのはギャラが高い。が、人気モデルでなければ俳優に比べるとギャラが安いから。

カラオケビデオは女性がメイン。綺麗なモデルさんが次々に来る。ほぼ全員が女優志望。モデル業はスタジオで写真を撮るだけ(衣服の広告。商品を持って笑顔とかパンフレットや広告の仕事)だが、カラオケビデオなら歩いたり、笑ったり、泣いたりという演技をせねばならない。それが勉強になるので出演するという。

ただ、話しをすると「あ〜無理だなあ」と感じることが多かった。というのは僕は10代に1本、映画の助監督を経験した。その時に出会った俳優さんたちはやはり凄かった。同じ人間と思えない。綺麗とかカッコいいというだけでなく、存在そのものが凄い。新人でもエネルギーが違う。彼ら彼女らに比べると、カラオケビデオのモデルさんたちは明らかに俳優のエネルギーがなかった。

でも、そこから努力してレッスンをして俳優にステップアップ!ということもあるかもしれないのだが、当時、まだ20歳前後だった僕は生意気にも「多分、無理だろうなあ」と感じていた。というのも、特に女性モデルたちは見た目は美女、可愛い。とても見栄えがする。が、喋るとダメ。言い方はよくないが「アホだ...」と思えた。ま、20歳になったばかりのアホな僕の印象なので許してほしいが、そう感じた。

今、分析してみると、彼女たちは子供の頃から可愛く、それなりに裕福な家庭で育ったと思える。親からも周りからも可愛がられ、大きな苦労もせずに大人になる。いわゆるお嬢さんで、習い事はそこそこしたかもしれないが、何かに夢中になったことはない。児童劇団に入るとか、学生演劇をするとか経験もない。日本の教育を受けて、それこそ「考える力」もない。大学になり、「就職するより華やかな女優さんになりた〜い」と考え、知り合いのモデル事務所に所属した。

対して女優というのは中高生から事務所に入り、オーディションを受け、大人の俳優たちと演技をし、厳しいレッスンを受けている。何が違うかというと「思い」なのだ。当時出会ったモデルさんたちは女優になることを憧れている。女優になった人たちはそれが10代からの目標だった。そして名優と呼ばれるようになる人たちの多くは家庭に問題がある。それを乗り越えて来た強さがある。そこが裕福な家庭で育ったと思えるモデルさんたちとの一番大きな違いだと思える。



m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

精神病を知らない人。興味を持たない人。=マスコミや教育が取り上げないと人は理解できない? [精神病&精神障害]

IMG_0006.jpg

精神病を知らない人。興味を持たない人。=マスコミや教育が取り上げないと人は理解できない?

精神病について書いても、反響はそこそこしかない。ゼロではないが決して多くはない。その背景にあるのは「あまり知りたくない....何か怖い...」という不安。もう一つは「私には関係ないから!」という思いがあるからだろう。

僕は心理学を本格的に学びたいという思いもあったので、精神病にも関心があった。が、映画の道を選んでしまい、本格的に勉強することはできなかった。それが20年ほど前、長年の友人がおかしくなる。攻撃的になり、上から目線。つまらないことを得意げに話し、人格攻撃までしてくる。以前はそんな奴ではなかったのに...。

会うたびに心がズタズタ。何か恨みを買うようなことをしたのか? 彼の私生活で何かがあったのか? 心が荒むような経験をしたのか? あれこれ考えるが答えが出ない。悪魔が取り憑いたというのがふさわしいほどの変貌だった。

あれこれ調べて、友人は統合失調症を発症していることを突き止めた。症状がまさにそれ。「俺は神だ」とまでは言わないが、かなり症状は重かった。「お前、精神病だぞ」とは流石に言えないが、治療をするべきなので、いろんなアプローチをしたがダメ。あるとき、ストレートに伝えたら逆上。

「俺は病気なんかじゃない!病気はお前の方だ。病院でもどこへでも行け!」

と怒鳴りつけられた。自身でも

「俺はおかしい......」

と感じている部分があるので、それを認めたくないという反応に思えた。心配ではあったが、会うたびに罵倒、針むしろ、人格否定の連続。いかに自分は優れているか?を延々と話し続ける。とうとう耐えられなくなり距離を置いた。が、その後も勉強は続けた。

原因は情報処理能力の欠如。外部から入ってくる情報を正確に受け止められない。だが、その手の話をしても精神病に興味がない友人はこういう。

「その友人はただの嫌な奴だよ〜」「単なるアホじゃないの?」

だが、彼はそれなりの大学を出ているし、映画や文学にも詳しい。昔は常識ある友人で、もう20年以上の付き合いだ。決して相手をバカにしたり、踏み付けにすることはなかった。しかし、敵対するような態度。病院に連れて行くことはできなかった。ただ、本人も苦しいはず。そして多くの人は「精神病は叫んで暴れるもの」という間違った認識を持つ。だから彼が病人であることが分からない....。続きはまたいずれ。

興味ある方はこちらも=>https://cinemacinema.blog.ss-blog.jp/archive/c2305780767-1



60764999_2681749791899308_369149531398340608_n-8d7ef.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

プロの俳優のための太田隆文監督ーワークショップ。2年ぶりに開催予定 [告知]

IMG_2282.jpeg


プロの俳優のための太田組ワークショップ。2年ぶりに開催予定

前回は映画「明日にかける橋」の撮影前だったので、映画の準備とワークショップの準備が並行してしまい大変だった。なので今回は映画製作が決定する前に行いたい。

それでも前回、参加者の中から3人を選び、映画に出演してもらった。実力だけで言えば同等の人はそれぞれに何人かいたが、個性、キャラ、やる気。そして運。そんな観点で選ばせてもらった。ちなみにワークショップは演劇の基礎を学ぶものではなく、それなりにやっている経験者。プロの俳優を鍛えるもの。素人の方は遠慮願っている。それと、こんな思いがある。

オーディションでも俳優を選ぶが、たいていは1人、10分〜15分ほどしか時間を取れない。下手すると10人一緒で1人で5分ということもある。俳優にすれば「30分あれば本当の実力が見せられるのに!」という人もいるだろう。実力あるのに緊張するという人もいる。だから、数分で起用に芝居ができる小粒の人が選ばれがち。時間をかければ凄い演技をする役者も多いはず。

太郎とあかね_edited-1.jpg

そこで毎回、3時間を超えるワークショップを実施。徹底的に芝居をしてもらう。そして、その人の個性、魅力を見出すと共に、何が足りないか?どんな努力が必要かも指摘させてもらう。これまで僕が選んだ新人。当時は無名だったがその後、何人も大ブレイクしている。谷村美月、芳根京子、他にも最終まで残しながら、選ばなかったが、その後、ブレイクした若手が何人もいる。見る目はあるつもりだ。

僕の作品にはこれまで常盤貴子、田中美里、藤田朋子、鈴木杏、波岡一喜、板尾創路、松坂慶子、鈴木砂羽、山本太郎、いしだ壱成、長門裕之、津川雅彦、宝田明らが出演してくれている。そんな名優たちの撮影中のエピソード等も、機会を見て紹介。第1線で活躍する人たちは何が違うか?お話しする。これも勉強になるはずだ。

開催は11月下旬。10名以上が集まれば実施。有料だが、高い値段にはしない。青空映画舎が主催。会場は山手線の駅から近いどこか。現在、会場を探している。見つかり次第に、日時を告知する。ただ、参加したからと出演できる訳ではない。それは理解して頂きたい。前回出会った3人はなかなか、頑張った。今回も実力派と出会えること。期待している。

詳しくはー https://cinematic-arts.blog.ss-blog.jp/2019-10-28

60764999_2681749791899308_369149531398340608_n-8d7ef.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「青い青い空」予告編 ー書道部を舞台にした青春書道映画。 松坂慶子、長門裕之ら大物俳優も出演。 [「朝日」予告編]



「青い青い空」予告編
浜松の高校、書道部を舞台にした青春書道映画。
笑って、泣いて、感動。松坂慶子、長門裕之ら大物俳優も出演。

太田隆文監督作品、第2弾(2010)

CqyxFY_VIAELz9e.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

新作「ドキュメンタリー沖縄戦」教科書には載っていない住民の苦しみ。絶望。失望。落胆。慟哭を伝える作品。 [沖縄戦]

61612221_2718667988207488_5385009981177200640_n.jpg

「ドキュメンタリー沖縄戦」完成披露試写会@沖縄を準備中!

今回はタイトル通りにドラマではなくドキュメンタリーだ。太平洋戦争における沖縄戦。国内で唯一の地上戦が行われた。その沖縄戦を米軍上陸時から、戦闘終了までを追った作品。

当時を知る地元体験者の方々。

15人以上。研究者、学者は十数人にインタビュー。沖縄戦とはどんなものであったかを明らかにしていく。当時、米軍が記録したフィルムをふんだんに使用。また、戦闘が行われた場所は現在どうなっているか?証言、記録映像、現在の沖縄を交えて描いていく。

この作品にかかる前にいろんな沖縄戦ドキュメンタリーを見たが、どれも問題があった。NHKの特集番組をDVD化したものは、教科書的な上部をなぞるだけのものが多く、悲しみが伝わって来ない。また、いろんなことを取り込み過ぎて情報量が多過ぎて分からなくなるものもあった。そしてほとんどに言えるのは軍隊の目線で戦争を描いているということ。

それでは住民の悲しみが伝わって来ない。

戦争の悲惨さが分からない。劇映画「朝日のあたる家」の時もそうだったが、多くの原発事故関連のドキュメンタリーや報道は「福島の今」を伝えてはいるが、見ていて「へー、大変だったんだなあ」という他人事に思えてしまう。悲しいというより同情が先に立つものが多かった。そこで「朝日」は観客自身が「悲しみ」を感じることができることをテーマに作った。

今回はドキュメンタリーだが、同じく観客が沖縄戦を体験できるというテーマで製作。幸いスポンサーからの依頼も「弱者の視点を大切したものに」とのこと。目的が一致。沖縄の多くの方々の協力を得て、3年に渡り取材をした。いくつもの自治体、多くの戦争資料館、団体、戦争体験者の方々と、沖縄を上げての応援を頂いた。

何より80〜90代の当時を知るお年寄りの言葉を生で聞くことができた。書籍で読む。ドラマで見る。それらでは絶対に感じられないリアリティある証言を収録。また、テレビでは放送できない米軍映像。これまでに紹介されていない記録フィルムも入手。作品内で紹介している。

「怒り」「悲しみ」「憤り」

歴史の教科書が伝えない住民の苦しみ。そして絶望。失望。落胆。それらを描いてこそ「戦争」というものが見えてくる。多くの方の協力で、これまでにない「沖縄戦」ドキュメンタリーの決定版と言えるものが完成した。

まずは応援して頂いた方々を中心に、沖縄に住む方々に向けてスポンサーが完成披露試写会を予定。秋に向けて進めている。実は今年3月に完成しているのだが、なかなか前に進めずにいた。ここに来てようやく具体化。それこそデニー玉木知事もご招待して、まず沖縄の皆さんに感謝を込めて、秋にお披露目したい。日時、場所等は決まり次第に発表させて頂く。

「沖縄戦」監督日記を連載中=>https://okinawa2017.blog.so-net.ne.jp

特報=> https://youtu.be/Wv5MK0fRauI


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画