So-net無料ブログ作成

官僚があの人のために違法行為までする理由(下)=山本太郎さんも街頭演説で指摘したこと? [読書]

69969357_3001253749948909_4296292920476041216_n.jpg


官僚があの人のために違法行為までする理由(下)=山本太郎さんも街頭演説で指摘したこと?

なぜ、官僚たちがあの人のために公文書改ざんまでするのか?を何年も考えていて、なるほど!という答えを見つけた。東京新聞の望月記者のインタビューに答える思想家の内田樹さんの発言。僕が答えに辿り着かなかったのは「官僚」という人種の性質や特性を理解していなかったからだ。知事や市長の指示に従わない職員というのはいるし、その種の人たちとは実際に会っていたが、官僚はまた違った存在。そこを理解できなかったのが原因。

しかし、僕がこの「官僚はなぜ?」シリーズと並行して連載している「考える力」シリーズの記事。そちらで自身が書いていることと同じ背景であることに気づかなかったところが悔しい。官僚こそが「考える力」シリーズで書いている日本の偏った教育で育ったトップランナーなのだから。その辺を踏まえて、内田氏の発言をもう一度、見つめてみたい。

「『それは幾ら何でも.....』と官僚たちでさえ絶句するほど不出来な政策を支持するほどポイントが高くなる。(中略)森友・家計問題で露呈したのは、まさにそのような官僚たちの『ポイント集め』の実相だったんじゃないですか」

まさにここだ。官僚たちは「与えられたことは確実にこなす」が、日本の教育の欠点である「考える力」が育っていない。だから、不出来な政策ーつまりは危険なもの。戦争ができる国にする法案でもー考える力がなく、与えられたことをこなすことでポイントを取れるならと、忠実に遂行してしまったということ。

「『自分のような人間が出世して。国の舵取りをするべきだ』と思っている。自分の出世がそのまま日本で利益であると思っている。だから、官邸の査定システムを利用することにあまり罪の意識を感じずにいられる」



これは街頭演説で山本太郎さんが言っていたことに繋がる。「政治家でも思いのある人はいる。でも、今はおとなしくしておこう。いつか俺たちの時代が来た時に頑張るーというんですよ。でも、そこまで日本は持つんですか?」彼はそう言っていた。上記の官僚も、その政治家たちと同じ気持ちなのだろう。「この法案は間違っている。でも、これを通すことで、偉くなり、自分がトップに立った時に、いい方向に進めればいい。今は従っておこう」そうやってあの人の片棒を担いでいるのだ。

こう考えるとほとんどの疑問は解ける。あの人は田中角栄のようなやり手でもなく、総理の命令だから官僚は従った訳でもなく(官僚だけでなく、役所の職員も市長や知事の命令に従わないことが多い。以前の記事で解説)そんな中で、なぜ、あの人のために優秀な官僚が?と思えていた。その答えがこれなのだ。しかし、新たな疑問が出てくる。あの人はそれを理解した上で、そんな手法を使ったのか? そんな人心掌握術があるとは思えない。では、誰が? どのようにして、この官僚を自由に操る方法を考えたのか?

m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

官僚があの人のために違法行為までする理由(中)=これが官僚だ!という答えを見つけた。 [読書]

69969357_3001253749948909_4296292920476041216_n.jpg

官僚があの人のために違法行為までする理由(中)=これが官僚だ!という答えを見つけた。

先にも書いたが役所というところはトップからの命令でも面倒なことは従わず、できない理由を山ほど上げ、あるいは必要以上の時間をかけてうやむやにしたりする。とにかく余計な仕事はしたくない。何もしないための努力をするタイプが多い。大臣でも、総理が相手でも官僚たちは同じ手を使いブロックすることがある。鳩山元総理の「最低でも県外」発言の時は偽物の書類まで作って止めてしまった。

それなのに、あの総理に対して官僚たちは公文書改竄までする。明らかな違法行為。犯罪だ。なぜ、そこまで忠誠を尽くすのか? 彼は田中角栄のようなやり手でもない。それどころか、その場その場で思いついたことを発言しているだけの人?人心掌握術を心得ているとは思えない。そのことが疑問だった。その答えを望月記者の本で見つけた。思想家の内田樹さんのインタビュー発言を引用する。

「安倍マイレージ・システムでポイントを貯めたいなら、政府の政策の適否についての評価はしないということです。首相を支持すると必ず良いことがあり、反対すると必ず悪いことがある。そして誰でも『それは良い政策だ』と思えるような政策を支持するよりも『それは幾ら何でも.....』と官僚たちでさえ絶句するほど不出来な政策を支持するほどポイントが高くなる。(中略)森友・家計問題で露呈したのは、まさにそのような官僚たちの『ポイント集め』の実相だったんじゃないですか」

「官邸の覚えがめでたい人たちは、政治家でも、官僚でも、ジャーナリストでも、学者でも、必ず『いいい思い』ができる」

「官僚たちは首相を統治者として決して高く評価していないと思いますけど、それでも一点だけ高く評価しているところがあります。それは信賞必罰ということです。自分におもねってくる人間は直ちに起用し、自分に逆らうものは直ちに左遷する。この判定が正確で、かつスピーディなのです」

「日本のエリートたちは、受験秀才ですから、入力と出力の間に正の相関があり、かつ入力と出力のタイムラグがない査定が大好きなんです。入試はまさにそういうものです。その点で、官邸による査定みごとなものだと思います。官僚たちが堰を切ったように官邸に阿諛追従するようになったのは、この査定制度のメカニカルな正確さが気に入ったからです」

「官僚というのは。総じて自分の能力を大変に高く評価する。『自分のような人間が出世して。国の舵取りをするべきだ』と思っている。自分の出世がそのまま日本で利益であると思っている。だから、官邸の査定システムを利用することにあまり罪の意識を感じずにいられる」

もう、ひたすら「なるほど!」という感じだ。感想は別の機会に。(この記事の前半は)=>https://cinemacinema.blog.so-net.ne.jp/2019-09-17-3


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

官僚があの人のために違法行為までする理由(上)=望月記者の本で答えを見つけた。 [読書]

69969357_3001253749948909_4296292920476041216_n.jpg

官僚があの人のために違法行為までする理由(上)=望月記者の本で答えを見つけた。

前半戦は総理の生い立ちや過去を分析、

その後は彼の暴言や非常識な発言等を紹介。いかにいい加減な人であるか?を解説。読んでいると「許せない」「バカじゃないか」「何だこの人は!」と言う著者の憤りを強く感じる。言葉でそう書いてあるわけではないが、行間から思いが溢れる。

前半はそんな形で進んで行くが、やはり総理の背景が見えない。望月さんの本の前半を総括すると、あの方は非常に子供っぽく、良識ある大人に育っておらず、わがままで、プライド高く、問題が多いと言うことになる。それはあるだろう。しかし、それだけでは説明のつかないことがある。

百戦錬磨で頭のいい官僚たちなら、

簡単に抑え込むことができるはずだからだ。あの鳩山由紀夫首相でさえ、ハシゴを外されている。小沢一郎を総理にさせないようにしたのも官僚たちだろう。なぜ、あの人を止めることができないか? 全官僚が戦争屋の手下なら分かるがそんなことはないはずだ。

読み進むと面白い指摘があった。

後半戦。第3章「民主義と安倍政権」 思想家・内田樹氏に訊く!「安部晋三はなぜ、嘘をつくのか?」のパートだ。ここが非常に確信をついていて、あーなるほど、それなら分かる。きっとその通りだと思えた。まず内田氏の分析から。

「ちょっと頭を下げレバ済むことになのに、誤ったことを認めることがお頑なに拒否する。性格的に自分の非を認めることがよほど嫌なんでしょうね。だから、明らかに間違ったことを言った場合でも『そんなことは言っていない』『それは皆さんの解釈が間違っている』と強弁する。

『立法府の長です』なんて言う言い間違いは、国会で平身低頭して謝らないと許されない言い違えです。『もしかしたらいい間違えていたかもしれない。「失礼、済みません」と釈明はしたものの、その後も『立法府の長』と言う発言を繰り返しています。しかも、こともあろうか勝手に議事録を改ざんした」

本当にその通りだ。

小学生の時にそんな同級生がいた。間違いを絶対に認めず、延々と言い張る。クラスメートや先生が言っても間違いを認めない。大人になってからはなかなか出会えないタイプだ。そんな総理を内田氏はこう語る。

「どうして彼のような人物が政治家になれ、政党の中で累進を遂げ、ついに独裁的な権限を振るうに居たたったのか?それを可能にした日本の統治機構と有権者の意識に関心がある」 「彼を『余人を以って代え難い』当事者だと見なしている多くの日本人がいるわけですけれども、そのような判断が一体どう言う理路を辿って成立するのか、その方に僕は興味ある」

まさにその通りだ。そこが知りたかった。続きはまた次回に!


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画