So-net無料ブログ作成

原発事故を描いた映画「朝日のあたる家」ー上映拒否が続いた頃。嘘で誤魔化し原発を避けて通る人たち。 [思い出物語]

1001584_511240355616940_791551889_n.jpg


原発事故を描いた映画「朝日のあたる家」ー上映拒否が続いた頃。映画館の呆れた言い訳? 原発を避けて通る人たち。

2013年。原発事故の悲しみを描いた映画「朝日のあたる家」を製作、監督。山本太郎さんも出演。完成したが、上映拒否をする映画館もあり、物語の舞台となった静岡県では1館のみの上映となった。その時、静岡県のある方から、こんなメッセージを頂いた。

「朝日のあたる家、上映してほしいです。地元静岡の***劇場は私が直接、支配人に会って、上映をお願いしてきます!」

その方は原発反対している団体の主婦。「朝日」の上映を望んでくれている。訪問後に再び連絡を頂いた。映画館側の主張は以下の通り。

 ①映画配給会社の系列の関係で上映できない(詳しくは話せないと支配人はいう)

 ②「朝日のあたる家」の内容に問題があると判断したわけではない

 ③ 反原発団体が上映するなら、劇場を有料で貸す。

呆れてしまった。①の系列の関係で上映できないは明らかなウソ! 配給会社にも確かめた。「上映してほしい」と劇場側にお願いしたが、半年後に”上映できない”との返事があったとのこと。系列問題は昔のこと。今は存在しない。「系列問題」というは、こうだ。

昔は東宝系、松竹系、東映系と分かれていて東宝の映画は松竹の映画館では上映できない。ということがあった。が、今は東宝のシネコンで松竹映画が上映され、系列問題は存在しない。そんなありもしない過去の話で「上映できない」と回答をしている。「詳しくは話せない」というのも、詳しく話すとウソがバレるからだ。

劇場がやる気があれば上映できる。

では、なぜ、そんなウソを着いたのか?劇場を訪ね上映を懇願した方が反原発支持者だからだ。回答の②で上げているが「内容に問題があると判断したわけではない」がそれを物語る。原発が題材だから断ったのではないといいたいのだが、系列の問題がない以上。上映はできる。

しかし、原発関係者からクレームが来るのが怖くて上映したくない。それでウソを言ったのだ。なのにその支配人。上映拒否をしながら、上映を懇願にいった反原発団体には「上映するなら、会場を貸す」といったそうだ。

隣の町では「朝日」を上映して記録的なヒット。

上映すれば大ヒット間違いなし。でも、原発関係者からクレームがあると怖いので、反原発団体に主催させて上映、何かのときには責任を逃れができる立場でいながら儲けようということ。それも会場費がバカ高い。公共の施設で上映すれば、その10分の1以下の費用で上映できる。それが静岡県のある映画館だ。

この件。詳しく書いたのは、映画館だけでなく、多くの会社や企業。団体が同じようなパターンで、原発を避けて通ろうとしているからだ。原発問題に関わると、何か言われるかもしれない。クレームがくるかもしれない。怖い。だから、避けて通る。

でも、それでは恥ずかしい。だから、ウソの理由で上映できないと説明。推進派が怖い。同時に反原発の人たちも怖い。そんな人たち、そんな会社がまだ数多く存在する。

だが、本当に怖いのは原発推進派ではない。

その映画館から遠くない場所にある「世界で最も危険な原発」なのだ。同じことは沖縄戦にも言える。多くのメディアが避けて通る。映画化された作品も数本。原発と同じ構図だ。それを3年に渡る取材。沖縄戦がいかに理不尽で残虐なものであったか? 

「ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶」を作った。沖縄で秋に完成披露試写会を行うとのこと。ぜひ!見てほしい。

特報=> https://youtu.be/Wv5MK0fRauI


asahi20_edited-1.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

新作「ドキュメンタリー沖縄戦」戦争体験者の方々の感想が到着!=「昨日のことのように戦争を思い出し涙が溢れる」 [沖縄戦]

69616366_2967411523333132_1033246458561691648_n.jpg


「ドキュメンタリー沖縄戦」戦争体験者の方々。感想が到着!

3年がかりで取材した「ドキュメンタリー沖縄戦」今年3月に完成。少し前に、出演いただいた沖縄戦体験者の方々と、地元関係者の一部に映画を観ていただいた。その感想を紹介。

【80代・女性・体験者】
「映画を見て昨日のことのように戦争を思い出しました。涙が溢れて、見ていて本当に辛かったです。でも、この映画を観てもらえれば沖縄戦が本当によく分かります。作ってくださり本当にありがとうございました」

【70代・男性 C・Sさん】
「この映画は沖縄だけでなく、東京でも大阪でも、世界のどこで観ても沖縄戦の悲しみが伝わる。1人でも多くの人に見て欲しい」

【90代・女性・体験者】
「私は戦争中。北部に避難したので、それほど酷い目に遭いませんでした。でも、南部に批判して戦闘に巻き込まれた人たちの話は聞いていました。聞いてはいましたが、映画を観てここまで酷かったこと。今回初めて知りました。映画を観てよかったです」

【60代・男性・研究家】
「沖縄戦のドキュメンタリーは意外なほど少ないです。特に全貌が分かる作品がありません。でも、この映画を見れば沖縄戦がほぼ分かる。そして軍の視点で描かず、民間の視点で描かれている。だから、悲しみや苦しみが伝わる画期的な作品。ラストシーンは涙が止まらなかった。日本中の人が観るべき映画です」

かなり評判がいい。衝撃の1時間45分。沖縄戦とはどんな戦争であったか?を観客自身が体験できる作品だ。現在、沖縄で完成披露試写会を準備中とのこと。秋に予定。大きなホールで上映するので、ぜひ多くの方に見て頂きたい。

「沖縄戦」監督日記を連載中=>https://okinawa2017.blog.so-net.ne.jp

特報=> https://youtu.be/Wv5MK0fRauI


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶」はこんな感じの映画だ。 [沖縄戦]




 「ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶」

  特報みたいなものを試しに作りました。

  まだ、正式なものではないですが、イメージ伝わるかな?


  「沖縄戦」監督日記を連載中=>https://okinawa2017.blog.so-net.ne.jp


70205490_2979004485507169_8465717918687035392_n.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

熱い思いがある人は得てして、客観性を失い。思いが伝わらない結果になることがある。 [れいわ新選組応援]

70700408_2991884707552480_4987104320882212864_n.jpg

熱い思いがある人は得てして、客観性を失い。思いが伝わらない結果になることがある。

山本太郎さんの本。いろいろ問題があり読んでいるとイライラする。中身は素晴らしい。マスコミが伝えなかった太郎さんの奮闘と活躍が描かれている。なのに、文章が読みづらい。理由は前回書いたが、太郎さんが一人称で語る本ではなく、インタビューされて答えるもの。

正確にいうと多分、この著者本人が太郎さんにはインタビューしていない。忙しい太郎さんが時間を取れないので、質問事項を書類にして答えてもらったものを文字に起こして、その前後にライター自身が説明を加えたのではないか? インタビューというのは共作だ。聞き手と答え手がぶつかり、格闘して、作り上げるもの。だから印税も半分づつ。

しかし、この本はインタビューではない。だから、太郎さんの発言は質問に対して当時の思いを綴るものであり、聞き手のと格闘はない。それでは血の通った言葉として、読者に届きにくい。街頭演説ではあんなに熱く、感動的な発言をするが、あれば聴衆がいて、思いを届けようとする太郎さんがいるから感動が生まれる。紙に書かれた質問に答えたものをテープで録音。それを文字起こしてライターが前後の説明をするのでは、感動は生まれない。事実確認だけだ。

それがこの本の作られ方なので太郎さんの熱さや思いが伝わりづらく、著者の思いばかりが感じられる。本来、太郎さんが語るべき当時の状況もライターが語ってしまうので誰の本を読んでいるのか分からなくなる。原因は太郎さんが忙しく直接インタビュー出来ていな買ったことだろう。そしてライターの女性がとても熱い思いがあるということ。思いがあるのはいいことだが、得てしてそれが問題を起こすことがある。

沖縄戦のドキュメンメンタリー。取材前にかなり見た。地元製作で一番いい作品がある。が、問題も多かった。製作サイドがとても思いあがり、「沖縄戦の全てを伝えたい!」と思ったのか? 本当にいろんな事件が詰め込まれている。そのために上映時間が長く、情報があり過ぎて、見ていて「もういいよ〜」と思ってしまう。覚えきれない。終わった時には疲れている。作り手に熱い思いがあり過ぎて観客がどう感じるか?考えていないのだ。

熱い人。思いのある人は陥りがち。この本の著者もそうだと思う。三人称で書けばかなり読みやすくなり、太郎さんの思いや行動をもっと読者に強く感じられるのに「私は**と思った」「そこには私もいた」と一人称でバンバン描くので、太郎さんが三人称になり遠くの存在になる。さらに直接インタビューしていないので、過去の証言の検証と補足になってしまう。すでに亡くなった人の発言なら仕方ないが、今まさに走り続けている太郎さんをその手法で描くのは相応しくない。

出版社のタイトルのつけ方も悪い。このタイトルでは「ダマされた」と思う人も出るだろう。太郎さんが書いた著書ではないし、「僕にもできた」という内容ではない。もっと厳しい状態での戦いの記録だ。そして何よりライターの熱い思いと「太郎愛」が暴走、逆に太郎を感じられなくなる。ライターの熱さばかりが印象に残る。映画でもそうだが、思いは大切だ。が、強すぎて客観性をなくすることがある。結局、多くが伝わらない。残念だ。


asahi20_edited-1.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

この本。内容は素晴らしいけど、非常に読みづらい。 [れいわ新選組応援]

70700408_2991884707552480_4987104320882212864_n.jpg


この本。内容は素晴らしいけど、非常に読みづらい。

「僕にもできた国会議員」というタイトルなので、山本太郎の一人称で書かれていると思ったら、ライターの一人称で進む。ナレーター的な三人称ではなく、本人の視点。思いや感情も書かれている。それらの文章に間に太郎さんの発言が出て来る。どこから太郎さんでどこまでがライターか混乱する。

関西弁が出てきて、あーこれ太郎さんの言葉だったのかーという感じで、かなり読みづらい。タイトルは「太郎さん応援日記」というタイトルの方が相応しい。構成もライター自身であり、プロのフリーライターなのに、問題が多い。僕が雑誌のインタビューの仕事をやっていたので余計に気になるのかもしれないが、本人だけが分かって構成しているようでイライラ。

どうなっているのか?と読んでいると、【】内がライター一人称の文章。その他が太郎さん。通常は質問の後に本人の言葉になるのに、間に章のタイトルを入れたりする。普通は使わない表現。非常に読みづらい。この種の本。インタビュワーは三人称に徹することが多いのにバンバン意見書くから混乱。

表紙には「取材、構成」の表示のみだが、これは共著とするべき。もっというと太郎さんは著者ではない。それでは売れないと考えた出版社がこのタイトルをつけ、混乱を招いた部分もあるだろう。ライターに思いがあるのは分かるが、もっと分かりやすい構成にすべきではないか?


asahi20_edited-1.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

大きな激震が始まりそうな予感。国も世界も変化の時期? [2019]

10891577_761839313890375_1313132478889368584_n.jpg

大きな激震が始まりそうな予感。国も世界も変化の時期?

昨夜、外を歩いていると「涼しい〜」と感じた。いつもなら駅から自宅まで歩くと、シャワーを浴びたように汗まみれで帰宅なのに、サラッとしたまま。いよいよ秋なのだと感じる。体調はかなりよくなかったが、やはり無理をすると(普通の行動をすると)翌日は体調不良になり何もできない。これは暑さのせいもある。このまま秋になってくれれば多少弱ったままでも、行動を開始できる。

何か予定されている訳ではないが、大きな戦いが始まる予感がする。いや、世の中の方が大きく変わろうとしているのかもしれない。昨日の改造内閣の面子を見ていても世も末。腐り切った人たちばかり。千葉県では電気も水道も止まった家が何万世帯もあるのに改造を優先。テレビも改造ばかり報道していた。政府もマスコミも終焉と感じる。

NHK以前に政府をぶっ壊さなければならない事態。それでも国民の多くは「どうせ俺たちには何もできないから」と我慢し続けるのか?10月からの消費税にも「仕方ないしね」と福祉ではなく、大企業の減税分を埋めるために使われるのも知らずに諦めるのだろうか?10%の消費税は1ヶ月分の給料がなくなるのと同じ額なのに。つまり、僕らは10月から1ヶ月ただ働きすることになるのだ。

その大企業は内部留保で物凄い額を溜め込んでいる。その1%を使えば消費税を10%に上げる必要がなくなる。なのに給与にも還元せず。ひたすら貯めんだ額は数兆円。要は政府と企業が組んで庶民から吸い上げた金を国民のために使わず、自分たちで独占しているのだ。これで景気がよくなるわけではない。

このまま行けば消費税アップ後はさらに消費が冷え込み。景気が悪くなる。物が売れなくなり、日本はさらに後進国に成り下がって行く。しかし、落ちるところまで落ちないと「仕方ないよ〜」と言っている人たちは気づかないかもしれない。改造内閣のメンバーを見ても、日本を良くしてくれそうなメンバーはいない。

期待できるのは「れいわ新鮮組」のみ。だが、野党共闘を阻む枝野という奴がいる。自民はほとほと運が強い。国民ではなく自己保身しか考えない奴が野党第一党。アイツさえいなければ先の参議院選で野党共闘が実現し、そこから日本が変わり始めたはず。それを潰したのが彼だ。

しかし、このまま撲滅して行くほど日本人はバカではないはず。トランプもその内にあのバカをクビにするはずだ。それともATMとしてこのまま利用し続けるのか? 何れにしても秋ー年始にかけて大きな変化がありそうな予感。


asahi20_edited-1.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ドラマ「沈まぬ太陽」第3話まで見た。主人公に山本太郎がダブる。 [映画感想]

70247742_2994218937319057_4115689820557148160_n.jpg

ドラマ「沈まぬ太陽」第3話まで見た。主人公に山本太郎がダブる。

山崎豊子原作ものはドラマや映画にしても重量が違う。観ている者にのしかかってくる。人生を問いかけてくる。通常のドラマで企業が舞台なら、ライバル会社と競う。社内のライバルと戦う。プロジェクトを成功させるために頑張る。というようなストーリーになりがちだが「沈まぬ太陽」は違う。

日本航空をモデルにした1960年代の航空会社が舞台。無茶なゴリ押しをする上層部のために飛行機の整備員が足りず、命を削るオーバーワーク。ついに死亡者がでる。人員がいれば防げた事故。主人公の恩地(上川隆也)は労働組合の委員長として人員を増やすことを要求。見事に勝ち取る。

しかし、上層部からの報復でパキスタン支社に飛ばされる。親友との絆も上からの力で割かれる。パキスタンで待っていたのは現地の日本人スタッフからの嫌がらせ。なぜ、人命を疎かにする上層部に改善を要求して、こんな目に遭わされるのか?

多分、当時の日航ではこれに近いことが行われ、それをモデルにしているはず。いや、日航だけではない。今も同じようなことは今も企業内で行われている。ブラック企業がまさにそれ。労働者が長時間、低賃金で働くことで会社を支えている。もっと言えば日本国自体がそれだ。消費税の値上げは大企業の減税分を補填するため。10%アップというのは1ヶ月分の給料がなくなるというのと同じ。

つまり、大企業のために庶民は1ヶ月ただ働きするということ。日本自体がブラック企業であり、まさに「沈まぬ太陽」に描かれた日航と同じだ。それを抗議した主人公こそが、今でいうと山本太郎だと思える。これまで彼はマスコミから批判。あるいは無視されて来た。国民のために頑張る彼の奮闘ぶりは伝えられず、何もしないサラブレッドと呼ばれる若手をマスコミは持ち上げる。

IMG_0351.jpeg

マスコミだけではない。政府や企業に搾取されている庶民までが太郎を誹謗中傷。「目立ちたがり」「売名行為」「まだ、議員やってのか?」と罵倒した。あんたたちのために彼は戦っているんだよ!と叫びたくなる。「沈まぬ太陽」を観ていると、主人公に山本太郎がダブる。第4話。今夜見よう。Netflix引いててよかった。(何ももらってないけど宣伝)


asahi20_edited-1.jpg
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

山崎豊子原作の「沈まぬ太陽」ドラマ版を見ている。 [映画感想]

70247742_2994218937319057_4115689820557148160_n.jpg

山崎豊子原作の「沈まぬ太陽」ドラマ版を見ている。

高校時代に田宮二郎主演の「白い巨塔」を観ていたこともあり、大学時代に山崎豊子の長編小説を続けて読んだ。「白い巨塔」(「ドクターX」はこれからヒントを得ている?)「華麗なる一族」「二つの祖国」(大河ドラマ「山河燃ゆ」の原作)「不毛地帯」(映画にもドラマにもなった)特に最後の2つは魂が揺さぶられる物語。「二つの」を読み終えて、物語で登場する日系人の収容所跡を見にアメリカのマンザナールを訪れたこともある。

その後、時間がなく新刊となった「沈まぬ太陽」は渡辺謙主演の映画は観たが原作は読んでいない。2005年から読もう読もうと思いながら14年経っても時間がなく読めずにいる。山崎豊子の小説は読み出すと止まらず仕事ができなくなるので、よほど時間がないと読めない。そして「沈まぬ」のクライマックスはあの日航123便墜落事件がクライマックスとなるので期待大。

そう思っていたらNetflixでドラマ版を見つけた。WOWOWが製作したもの。とりあえず、これを見よう。第2回目まで観たが、毎回、泣きそうになる。山崎作品は見ていて読んでいて、本当に理不尽で耐え難い状況に主人公が追いやられる。「二つの祖国」の天羽賢治も、「不毛地帯」の壱岐正も。それでも彼らは信念を曲げずに戦い続ける。

そして物語は完全なフィクションではなく、ほとんどが実在のモデルがいて、実際にあった話をベースにしている。それだけで物凄いリアリティがあり、想像では考えつかない厳しい展開をする。「沈まぬ」のモデルは日本航空。そこで働いていた実在の社員と聞く。労働組合の委員長となり3000人の社員のために会社と対立したために、会社側から卑劣な仕打ちを受ける主人公(上川隆也が好演)。果たして第3話は?(Netflixで配信中)


asahi20_edited-1.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

山本太郎さんの本「僕にもできた国会議員」読んでいる。 [れいわ新選組応援]

70700408_2991884707552480_4987104320882212864_n.jpg

山本太郎さんの本。読んでいる。

表紙とタイトルからして、一人称の気軽に読める本と思えた。

が、ライターが三人称で太郎さんを見つめるスタイル。

中身も濃く、読み進むのが大変。

でも、彼の奮闘と努力がよく分かる。


asahi20_edited-1.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画のキャスティングと改造内閣って同じだね? 優しいダメ監督とできる後輩監督の違いとは? [my opinion]

67403654_2863988173675468_8974586331111882752_n.jpg

映画のキャスティングと改造内閣って同じだね? 
=優しいダメ監督とできる後輩監督の違いとは?


第4次安倍内閣がスタートした。またまた「お友達内閣」とか「お世話になった人優先」とか言われている。映画の世界でも似たようなことがある。ある有名監督が国民的俳優を主演に映画を撮ることになった時のこと。先輩監督からこう言われた。

「お前なあ。今まで迷惑をかけた俳優がいるだろう。そんな連中を今回呼んでやれ。あの国民的な俳優と共演すればそいつらも自慢になるし、田舎の親も喜んでくれる。そういう思いやりが大事なんだよ」

だが、その監督は従わなかった。それは正解だ。キャスティングというのは映画の完成度の70%を左右すると伊丹万作が言うようにとても大事。それを過去に迷惑をかけたからと、役を用意する、呼ぶと言うのは間違っている。恩返しするのは別のところでやればいい。

そもそも、先輩監督はそんな発想だからロクでもない映画しか撮っておらずまともな作品がない。後輩はヒットを連発。多くに知られている。歴然とした結果が出ている。第4次改造内閣のことを聞いた時。その話を思い出した。映画界でもそんな風にキャスティングを情で決めたり、大手から賄賂をもらって、あるいは恩を売るために利用する輩もいる。

しかし、そんなことをする連中は絶対に素敵な映画を作れない。どんなに頑張ってもハマらない役は観客を感動させることはできない。それは作品レベルの低下。僕も絶対にしない。そのために大手と癒着したプロデュサーや社長には嫌われた。「融通が効かない」「協調性がない」と批判された。が、そんなものがあったら監督としてアウト。

内閣改造も同じだ。お世話になった人を閣僚にしても、それは適材適所ではなく、大いなる成果は期待できない。決めた人間がいかに無能で、他人の顔色しか考えないか? と言うこと。キャスティングも改造内閣も同じだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190912-00000001-asahik-soci



asahi20_edited-1.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画