SSブログ

前回、2013年の参議院選結果。(朝日新聞より) [れいわ新選組応援]

67082391_2847810858626533_3757794374784647168_n.jpg

前回、2013年の参議院選結果。(朝日新聞より)

太郎さんは66万票で当選。山口が79万。この2人の票がどこまで野原さんに行くか?

沖縄の知事選では公明票の3割がデニーさんに流れた。そのまま乱暴の計算すると、23万票ほど。プラス太郎票の3分の1で22万。足して45万。まだ足りない。

あとは、無党派の票だ。



57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

前回2013年の参議院選。比例代表の結果 [れいわ新選組応援]

67722345_2847825175291768_7311867721891708928_n.jpg

前回2013年の参議院選。比例代表の結果

毎日新聞発表から振り返る。票数と当選者数を考えると100万票少々で1人当選。自民が約1800万票で18人。民主党が約700万票で7人。とすると、「れいわ」全員が当選するには1000万票が必要。でも、1000万以上を取ったのは自民だけ。120万票で1人の社民党が最低線。となると「れいわ」も最低100万票必要。

前回の太郎さんが東京区で66万票なので、今回の全国なら100万は行けるはず。うまくすれば200万。100万なら1人。200万なら2人だ。が、300万以上でないと3人目の太郎さんは当選できない。厳しいが2人が限界かも知れない。何かを多くの人に伝えるにはお金と時間がかかる。その両方が今回は物凄く限られていた。マスコミの完全無視という嫌がらせもあった。

その意味で1〜2人。個人的は3人行ってほしい。あと、野原さんの当選は...学会の皆様の良心次第?



nice!(0)  コメント(0) 

選挙選を振り返る。失敗は繰り返さないが、どこまで広がったのか?② [れいわ新選組応援]


67175276_2844750198932599_3048280517813207040_n.jpg

選挙選を振り返る。失敗は繰り返さないが、どこまで広がったのか?②

街頭演説を見ていて気づいたこと。先にボランティア・スタッフの意識と、聴衆の反応を書いた。どちらも先の参議院選で同じように盛り上がった候補の反応とは違い、いい感じだった。と書いたら、

「太郎さんの方が人気があるから大丈夫!」

というコメントが来た。けど、それは違う。太郎さんだけで前回集まったのは66万票。それが全国で1000万票にはならない。彼の人気だけでは足りない。だからこそスタッフがまず大事。候補者の魅力を広げるのがスタッフ。その彼らが文化祭気分では全てが終わる。その意味でとても大事なんだ。

それは今回、皆、大奮闘だった。次は街頭演説のそばの通行人。これも大事。今回もその辺を注意してみると、新宿でも新橋でも足を止めてみるというよりは、最初から太郎さん目当てで集まった人が多い。その他の通行人はあまり演説に関心を示す様子がなく、ボランティアがチラシを渡そうとしても、ほとんどが受け取らない。

「え、山本太郎?」

という人も見かけなかった。これをどう解釈すればいいか? 太郎さんを支持する人は多い。実際他の候補の聴衆と比べると桁違い。ライブハウスと武道館の客くらい違う。が、関心ない人は関心がなく、演説を見向きもしないで通り過ぎる。多分、彼らはもともと政治に興味がなく、選挙にも行かない人たちかもしれない。が、新宿西口を歩く多くが、そんな風だった。先の衆議院選挙の悪夢ほどではないが、やはり一部が盛り上がっているだけでは?という不安が残る。

あと、地方の反応だ。全国のFacebook友達から「いいね」や「シェア」をたくさん頂いたが、地方の友人たちのタイムラインを観ると、この時期にも関わらず選挙について書いている人がほとんどいない。

「***を食べた」「旅行に行った〜」

と日常を綴っている。東京にいるからこそ街頭演説を見て、盛り上がるが、地方にいて山本太郎が演説に来ない街では遠い世界の話なのではないか?

また、地方は自民や公明が何十年もかけて根を張り巡らせている。もし「山本太郎、いいぞ!」と思っても、長年の付き合い、自民党の**先生に一票となるのではないか? 

「なんだかんだ言っても自民よね〜」

と、自公が戦争に向かって進んでいるのに「9条があるし、まさかね〜」というおばちゃんたちも多いはずだ。いや、そちらが地方ではマジョリティではないだろうか?どんなに頑張っても2週間で、大都市を遊説しても、テレビや新聞に無視されて、知名度を上げるのは極めて難しいと思える。

口コミとかよくいうが、映画の宣伝でしていて毎回、痛感する。口コミは物凄く時間がかかる。2週間で全国に広がるとは思えない。だが、今回は驚異的な広がりを見せて、***万票という奇跡が起こる!ことを期待したいが、地方に情報を伝えるのは並大抵のことではない。


57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

選挙選で感じたこと。情報を疑え、裏をとれ、安易に信じてはいけない。=日本人は簡単に乗せられてしまう? [れいわ新選組応援]

67233031_2840115812729371_2108534857335308288_n.jpg


選挙選で感じたこと。情報を疑え、裏をとれ、安易に信じてはいけない。=日本人は簡単に乗せられてしまう?

今回の選挙選で印象的だったのは、僕のFacebook、ブログ、Twitterのアクセス数が桁違いだったこと。日頃は記事に対して「いいね」12個とかいうのに、100、200、400という「いいね」や「シェア」が続出した。Twitterでも1000「シェア」というのが何度もあった。いかに「れいわ」を応援する人が多かったか?を示している。

ただ、コメントを見ていると、????というものも結構あった。「日本を変えよう」「山本太郎を応援しよう」という思いがあるのに、空回り?しているような人を結構見かけた。例えば「NEWS23」事件。太郎さんのインタビュー取材をしながら、未だに放送しない件。あるコメントが来た。

「TBSは21日に放送すると発表しました」

やっぱそうか。開票速報で流すんだ。そうすれば官邸からクレームはつかない。番組もれいわを無視していないと対面を保てる。汚ねえなあ........ん?待てよ。その情報は本当に正しいのか?そう考えて、その方に返信してみる

「情報元はどこですか? テレビスポットですか?」

と、教えてくれたのはあるツイート。そこに

「21日だそうです」

と書かれいる。が、それは伝聞。誰から聞いたか?書かれていない。で、その人にも質問してみたが、返事は来なかった。つまり、それは情報として信頼性がないということ。

実際にTBSに電話をした人が何人もいる。いずれも「未定です」と返答されている。つまり、局が発表していないことを、ハンドルネームで「21日だそうです」と発信する人のツイートを見て「TBSが発表」と思い込んで、自身もツイートしてしまった。間違った噂が広がる典型的なパターンなのだが、そんな風に悪気はないのに根拠のない情報を拡散してしまう。また、そのツイートを見て

「21日だと。酷い。TBS許せない!」

とさらにツイートする人。ま、結果、その情報は正しいものになりそうだが、その時点では事実ではない。情報源を確認せずに、ハンドルネームの誰だか分からないツイートを信頼するのは非常に危険。先の衆議院選でも「排除リストが存在する」という情報が流れ、小池百合子がバッシングされた。「排除発言は」は事実だが、「排除リスト」は自民が小池を追い落とすための偽情報だった。偽リストが雑誌に載り、小池新党は大打撃。そんな風にフェイクニュースを使って選挙を歪める輩が毎回いる。

引っかかるのは、本当に純粋に候補者を応援する真面目な人が多い。今回も山本太郎、共産党、らへのデマやフェイクニュースがいくつも流されていた。そして相変わらず、それに乗せられている人を多く見た。まあ、最大のフェイクニュースは新聞社が選挙活動解禁と同時に掲載する、いつもの記事。

「自公圧勝。過半数を独占」

街頭演説が始まると同時に、そんな記事が出せるわけない。正確だとしても、それはもう過去の情報。記事にする意味がない。あるとすれば「また自民か....投票しても意味ないな」とやる気を奪うだけ。それが目的なのだ。そうやって選挙選以外でも嘘を流して人々を誘導する。それが政府や企業のやり方だ。それに乗せられる人が今も多い。情報を疑え、ネットを簡単に信じてはいけない。もちろん、僕の書く記事も疑いながら読んでほしい。


57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

権力を乱用する巨大組織の崩壊が始まった? =時代が変わる予感 [れいわ新選組応援]

67071246_2837900172950935_7713585517849214976_n.jpg

権力を乱用する巨大組織の崩壊が始まった?
=時代が変わる予感

いよいよ本日は参議院選挙の日だ。昨日まで応援する「れいわ」候補者の記事をいっぱいアップしていたのだが、え?というようなニュースも次々に入ってきた。また、スピンか?「スピン」というのは、ある種の人たちが肝心なニュースから多くの人の目を反らせるために流したもの。選挙が近づくと急に芸能人のドラッグ事件が発覚したりするはそれ。選挙に注目させず、そちらに関心を持たせるように誘導するのだ。

そんな黒幕はすぐに分かる。有権者が大人しく寝ていてくれれば勝てる政党だろう。だが、今回は本当にスピンだろうか? ジャニーズ事務所の圧力問題。吉本芸人による会社批判。これ昔から言われて来たことだし、業界の人は皆、真相を知っている。でも、マスコミは絶対に報道しなかった。それが報道されるのはなぜか? スピンに使うために芸能界の大手事務所が傷つくことを流すか?芸能人のドラッグ問題の方がてっとり早い。

そんなことを考えながらも余裕がなく、あの政党の街頭演説の撮影に出かけ、自宅で編集。ネットでアップ。その記事を執筆。もう、仕事だ。フリージャーナリスト兼カメラマン兼編集である。ネットでの反応は凄いものがあった。いいね100は頻繁。何百ということが続く。多くの人が変革を求めているのが分かる。それは政権に対する不満、権力者たちに踏みつけられている人たちからの叫びだ。

一部の特権階級の人たちが、立場を利用して肥えふとり自らの責務や責任を果たさず、時代劇の悪代官のように悪事の限りを尽くす。そんな連中に対して、人々の我慢は限界にきているのだ。それを壊してくれるかもしれない。そんな期待が集まる。それはあの政党が登場したということだけでなく、時代が変わろうとしているのではないか? だから、それに必要な人々が登場した。

時代が変わる時、旧体制の巨大組織が崩壊していく。江戸時代末期に幕府が力をなくし、旗本たちは何の役にも立たず、地方の侍たちに追い詰められて行ったように。あるいはソ連が崩壊したように。今、権力を振り回して来た芸能界の大手事務所も同じように、その終焉を迎えようとしているのではないか?彼らは自分たちの利益のためなら平気で理不尽なことをする。圧力をかける。弱い者を踏みつける。なのに誰もそれを非難しない。暴露もしない。

だが、どんな強い組織で時代と共に終焉を迎える。政界でも、芸能界でもその終わりが始まったのではないか? それだけではない。日本という国が変わろうとしているのだ。参議院選を見ていても、これまで誰も批判できなかった公明党、創価学会という巨大組織を公然と批判する「れいわ」候補が現れ、多くが賛同している。そのことでテレビ局の偽善も暴かれた。

そんな体制寄りの組織がどこなのか?選挙選で明確になった。信頼は失墜し、やがてそれらも崩壊への道を歩むだろう。そんなタイミングで昨日の朝、NHKの「あさイチ」に久米宏が登場。NHKの民営化を訴えた。そう、あの局も百害あって一利なしの代表の一つだ。現代の大本営発表だ。

数日の間にいろんなカードが揃う。共通するのは長年、君臨して来た巨大組織がもう害を撒き散らすだけになり、タブーだったそれらを批判する声が上がり始めたこと。時間はかかるだろうが、組織の終焉がスタートしたのだ。時代は変わろうとしている。


57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n.jpg
nice!(1)  コメント(0)