SSブログ

Xmasといえば、この映画。「素晴らしき哉、人生」史上最強の感動作。 [映画感想]

BMD017.jpg

Xmasといえば、この映画。「素晴らしき哉、人生」史上最強の感動作。

「ある夜の出来事」のフランク・キャプラ監督の最高傑作。クリスマスの夜に起こる感動の物語。スピルバーグもこの映画が好きなようで「グレムリン」ではオマージュシーンがあった。

僕もこの作品を目指して「明日にかける橋」を作った。意外に気づく人は少なかったが、ラストはまさに「素晴らしき哉、人生」に。もし、本日のXmas、感動物語を見たいのならお勧め。古い映画(1946)で白黒だが人生についていろいろ考えてしまう。アメリカでは毎年、Xmasになるとテレビで放映されていた。ぜひ。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。