SSブログ

生活の安定化?貧しくても思うように生きるか?映画監督の場合。 [映画業界物語]

21752699_1616818365059128_2289782317453116829_o.jpg


生活の安定化?貧しくても思うように生きるか?映画監督の場合。

映画監督業は長時間労働。1年間休みなし。ブラック企業を超える仕事だ。なのに低賃金で多くが生活苦。金持ちなのは日本で5人くらい?

ただ、難しいのは文化芸術というカテゴリー。生活が安定しないからと、製作会社等に就職。契約社員になった友人がいる。そこで演出、監督業を続ける。確実に仕事がもらえて月給が出る。そこで売れて、やがてフリーになり撮りたい映画を撮る!と考えた。

ところが、生活が安定すると、やりたくもない仕事ばかりやらされる。いいものが撮れなくなる。だが、フリーに戻れば生活苦。友人は葛藤した。やがて感性が腐ってしまい、平凡なものしか撮れなくなる。やりたい仕事ができないので、やる気もなくす。と言ってフリーに戻り再び生活苦と闘うのは怖い。

こうして多くの若手監督、あるいは監督志望の人たちは家畜のようになり、朽ち果てて行く。生活が安定しないと不安だ。でも、社員になるとクリエイティビティを失って行く。不安や不満を抱え、怒りに燃えるから作品が作れる。安定して落ち着くと、素晴らしい作品を作ろう!と言う思いも薄らいで行く。会社の仕事を優先にせねばならず、作りたいものを作る時間もとれなくなる、

また、売れっ子女優が彼女の監督。彼女が稼いでくれるので生活には困らない。凄い映画を撮る人なのに、気づくと30年映画を撮ってない。やはり生活が安定すると、別のものを失うのか? 監督業はやるせない。



308987685_8050877771653123_729576715040801973_n.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。