SSブログ

相変わらず文章を読めない人たちから批判コメント=ウクライナ編 [ウクライナ]

274788971_7070987219642188_42952825599581820_n.jpg

相変わらず文章を読めない人たちから批判コメント=ウクライナ編

今回も文章をしっかりと読めない人たちが、あれこれ反論コメントをしてくる。そもそも僕の書いた記事を理解せず、勘違い、的外れな批判をしている。僕がいうのは「戦争反対」と叫ぶだけでいいのか? もっと他のアクションもあるはず。過去の戦争を勉強しよう。どうすれば戦争は止まるか?考えよう!と提案しているのだ。

それに対して「戦争反対ーと叫ぶことにも意味があります。無意味ではありません」とのコメント。だから!無意味なんて言ってない。意味もある。その上で「反対と叫ぶだけでなく」と言っている。これは意見の相違ではなく、文章の意味を理解していないだけなのだ。

言い換えれば「ビタミンCは必要だが、Bも、Aも取ろう」と言ったのを「ビタミンCは必要です。無意味ではありません」と反論してくるようなものだ。ビタミンC必要という部分では意見は一致している、なのに誤解して、Cが必要ないと言われていると思い込み、反論する。

戦争の話に戻して説明するなら、「反対と叫ぶだけでなく」と僕は伝えている。なのに「反対を叫ぶことにも意味がある」という。これは「反対と叫ぶことを続けるべきだ」という意味にも取れる。僕が提案する「他のアクションも考えよう」「戦争が始まる原因を学ぼう」という部分は無視。前に進もうとする意志が感じられない。

穿った見方をするなら「戦争反対を叫ぶだけでいい!」というふうにも見える。なぜ、次のアクションを考えないのか? 本来、デモをする、それは意味がある、でも、いつまでデモをしても戦争は止まらない。なら、次の手を考えるべき。それをいつまでも「戦争反対!」と叫んでいては、それこそ無意味。

戦後75年。日本人は「戦争反対」と叫び続けてきて、今回のウクライナ騒動でもまた「戦争を反対」を叫ぶだけでいいのか? それを指摘しているのに「反対を叫ぶことにも意味があります!」とコメントしてくる人たち。

アホか?と思ってしまう。まず文章を読めていない。そして、一つの場所に立ち止まっているのに、それにも意味がある!と主張して前に進まない。ため息しか出ない。僕に反論するより、次のアクションを考えてほしい。



朝日ー横長.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。