SSブログ

「マスク外すな!」と指示する見知らぬオヤジ=背景にある危険なもの?(改訂版) [コロナウイルス]

174861836_5352389308168663_1809071718238220537_n.jpg


住宅街の道。1人で歩いていると、向こう側から自転車に乗ったオヤジ。髪は五分刈り。マスクをした70代。近所の人だろう。すれ違い様にこう言われた。「マスク、外すんじゃねえよ!」自転車なので一瞬の出来事。何か言い返してやろうと振り返るが、すでにオヤジの後ろ姿は小さくなっていた。

歩いていた歩道。とても広い。人が4人並んで歩ける。僕とその自転車オヤジ以外は誰もいない。見渡す限り2人。そんな場所でマスクをしないことを咎めるオヤジ? そもそも緑の狸によると「三密」が危険。室内で、多くの人が集まり、おしゃべり。食事。だから感染が起こる。だが、青空の下。室内ではない。人もいない。お喋りもしない。そんな環境でオヤジは感染が起こると思っていたのか?

何よりマスクでウイルスは防げない。医療用のものでないと通り抜けてしまう。ただ、飛沫感染ーマスクをすることで唾が飛ばないという利点はある。自身が感染している場合に移さずに済む。だが、室内ではない。三密どころか一密ですらない。自転車ですれ違うのは2秒くらい。「マスク外すんじゃねえよ」と指示する。どういう人なのか?

103688302_3898681886872753_8523583310553009772_o.jpg


多分、彼の心理は「コロナが流行っている」「マスクをしなきゃウツる」「危険だ」というだけのこと。緑のおばさんの注意すら把握していない。ただただ、マスクしないと危険。コロナは怖い。多分テレビで仕入れた。今、テレビを見るのは50代以上の世代。若い人は見ない。ただ、情報番組ではかなり詳しく報じる。昨年から連日、緑のおばさんが登場して、カタカナ言葉を使って対策を説明している。

オジさん。その説明を把握できていない。理解できたのは「マスクしろ」「感染する」「危険」というだけだろう。にも関わらず、分かったつもりになり、すれ違っただけの人に「マスク外すな!」と指示。自身が把握できた中途半端な知識を押し付けた。どんな立場にいると思っているのか? 他人様にあれこれ言える存在と感じているのか?

似たような話はあちこちで聞く。電車の中でマスクで鼻を隠していない人に、見知らぬ他人が注意してもめたとか。それらの多くが年配の男性。頭が固く、情報を正確に把握しないくせに、他人に強制。「マスクしない」=「悪」という認識なのだ。彼らは「正義感」さえ感じているだろう。「分かってねえ奴が多いんだよ!」「言ってやらねえとわからないんだ!」それは正義ではなく、傲慢であり勘違いでしかない。だが、同じことが過去に起こっている。

戦時中。「非国民!」と決めつける人たち。戦争を反対するのではなく、疑問を感じただけで非国民レッテルを貼り、批判。粛清。「戦争はやらなければならないこと。日本国民の義務なのだ」という頑な思い。今、振り返れば矛盾だらけ。無意味。国が出した無茶な指示を国民が必死で守ろうとした。それと似ている。マスコミが発する「マスクをしよう」指示。疑うこともせずに、見ず知らずの他人にまで強制するオヤジ。時代は変わっても、多くの大人は国やマスコミからの指示を疑うことなく、受け入れ他人に強制する。

そんな1人が先に出会った自転車オヤジなのだ。もし、日本が戦争になったら、彼は先の時代と同じように「非国民!」「売国奴!」と国の指示に従わない他人を怒鳴りつけ、強制するだろう。いつの時代も多くの日本人は国とマスコミに簡単に誘導される。戦時中のことを調べるほどに、今の日本も同じであることを痛感する。


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。