SSブログ

ディープステイトの話を書いたので、日本側の事情も解説=A総理はアメリカの指示で総理に?(再掲載) [A政権について]

90227021_3577764155631196_5966222672412016640_n-3a816.jpg

ディープステイトの話を書いたので、日本側の事情も解説=A総理はアメリカの指示で総理に?(再掲載)

先の記事でDS(ディープ・ステイト=軍産複合体)がCIAと組んでケネディを暗殺したという話を書いた。その後、彼らは巨額の資金と政治力を使い、大統領を決めるようになる。それがブッシュ、クリントン、ブッシュ、オバマ。皆、熱心に戦争を始めDSを儲けさた。次の大統領はヒラリー。第三次世界大戦を起こすはずだった。その前に立ち塞がったのが、トランプである。今回はそれを背景にした日本の事情を紹介する。もちろん僕にその辺を知る情報網はない。事情通の知人が教えてくれた話だ。

DSは次期大統領にヒラリーを決めた。ブッシュ家、クリントン家は大幹部。彼らに利益をもたらすために働いている。次の戦争を計画。その際に悪役を演じるのはヒラリーとオバマが育てた組織イスラム国だ。CIAが軍事訓練。誰もが「許せない!」と感じる組織に仕立てる。プロレスでいうタイガー・ジェットシンやブッチャーの役割。猪木役はもちろんアメリカだ。

邪悪なイスラム国を撲滅するために戦うと言えば、世界からの支持が得られる。戦いは空爆だけでは済まない。ベトナム戦争のような泥沼の展開になる。だが、米兵が死ぬのはもうアメリカ世論が許さない。そこで考えたのがこれ。日本に高価な武器を買わせる。そして自衛隊を使い地上戦をさせる。日本人がいくら死のうとアメリカの世論は気にしない。

問題は日本の9条。戦争ができない。それを変えさせる人物を総理にしよう。日本の総理も密かにアメリカが決めている。(K総理は郵便局の民営化というアメリカから指示を受けたのでトップになれた)逆らうと田中角栄や小沢一郎のように失脚させられる。その使命を引き受ければ総理になれる。Aが承諾、就任。彼は憲法の解釈を変え、日本を戦争ができる国にした。集団的自衛権。特定秘密保護法。戦争法を次々に強行採決。

あとは、ヒラリーが大統領になり、アメリカがイスラム国撲滅作戦をスタートすれば、自衛隊も参加。DSは大儲け、米軍は手を汚さず。多くの日本の若者が死んで行くことになる。ところが、大番狂わせ。大統領選でトランプが勝利した。A総理は選挙前にヒラリーの激励にアメリカまで行ったが、トランプには挨拶もしていない。彼を総理にしたのはヒラリー陣営。彼女の勝利を信じて疑わなかった。日本のマスコミも同様。A総理は慌てて金のゴルフクラブを用意、トランプの元に飛んだ。彼の印象を損なえば大変なことになるからだ。

だが、もう遅い。足元を見られた。剛腕ビジネスマンのトランプは戦争はしないのに、ヒラリーが計画した通りに大量に武器を日本に買わせた。外貨獲得のため。それが戦争のためでないことは明らか。大統領になってからトランプは戦争をしていない。空爆はしているが、オバマ時代に比べればかなり少ない。個々の空爆を見ればその意味も分かる。トランプのことは以前に書いたので日本側だ。本来なら自衛隊を派遣して、イスラム国と戦争をするはずだったが、トランプはそれ以前に彼らを撲滅してしまった。元はと言えばアメリカが育てたテロ集団である。集団的自衛権は強行採決され「戦争ができる国」になったが、自衛隊は戦争に行かずに済んだ。

A総理の思惑は「イスラム国との戦争に参加すれば、やがて中国と戦争するときにアメリカが応援してくれる」というもの。「おじいちゃんの仇を討ちたい!」正確には仇ではないが、その思いを果たしたい思いがは古賀茂明さんも前々から指摘している。ところが、戦争をしたいはずのアメリカが北朝鮮と条約まで結ぶ。「えーー約束が違う」と嘆くのはA総理。トランプはすでに彼の無能を把握し、ATMとして金を出させるだけに利用していたのだ。

アメリカで行われるディープステイト撲滅計画。そのリストにはすでに彼の名前が入っていると言われる。そうやってケネディ以来の戦いはトランプの勝利に終わろうとしている。その背景も以前書いたので、詳しく知りたい人はそちらを読んでほしい。そのトランプへの最後の反撃が今回のコロナウイルスだと聞く。もちろん細菌兵器。このことでトランプの支持を下げようというもの。だが、それを逆利用してさらなる粛清が進められているとも聞く。トランプは選挙演説でこう告げた

「ヒラリーは収監されるべきだ!」

それを実行に移すときが近づいているのか?すでに彼女は監視下に、あり拘束状態との話もある。その粛清は日本に及ぶ。Koizumi、Takenaka、Abeの名前もリストにあるという。結局、トランプの登場でA総理の野望が粉砕されたのだ。頑張って強行採決した「戦争法」は意味をなさなくなった。そのトランプを多くの日本人が「戦争屋!」と批判しているのは皮肉な話だ。どこまでが本当か分からないが、情報通の知人以外にも国際ジャーナリストからも同じ話を聞いた。

CIAとFBIはトランプの命令を受けた軍が査察、今はトランプの配下。ケネディの時のような反逆行為はもうできない。さて、日本のあの方も追い詰まって来たし(この記事を書いたのは今年の5月)いよいよ計画は最終章? この話の結末。早く見極めたい。

トランプの正体=>https://cinemacinema.blog.ss-blog.jp/2020-01-19?fbclid=IwAR2w8bHc1Md_t02KtRhPbTLGT3um5ynzab6EkY9XD8xkmv4r3NywzEQnwjA


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。