SSブログ

いつも鋭いツイートで現政権を批判するあの人たちがなぜ? 都知事選ではおかしな意見を発信するのか? [都知事選 2020]

104897805_3960637547343853_2439742005792099780_n.jpg

いつも鋭いツイートで現政権を批判するあの人たちがなぜ? 都知事選ではおかしな意見を発信するのか?

都知事選関係のツイートを見ていると、いつも「なるほどな〜」「その視点ありだな〜」と思える人たちが「え、何で?」「そうなるかなあ?」「おかしいよ」というツイートを発信していることがある。

いつも鋭いあの人がなぜ????という驚き。何があるのだろう?一つには応援となると感情的になり、客観的な判断ができないというのがある。が、これは想像できる。なぜ、情報通でいつもは冷静なあの人がこんなこと言う?と言うのは理由が分からない。

想像するに、太郎さんを応援する人は宇都宮さんの情報を、宇都宮さんを応援する人は、太郎さんの情報をあまり仕入れていないように思える。そして両者の応援団共に小池百合子の情報をあまり持たないのではないか? 当然、応援しようと思わない対立候補のことを調べようとは思わないだろう。ただ、そのことで聞きかじったことを事実誤認、勘違した批判をしてしまうのだろう。

さらに、報道の断片を聞いただけで批判する。意見する。そもそも「報道」は「誘導」。オリンピックスポンサーのマスコミは山本、宇都宮と中止公約の候補のイメージダウン記事を多発。それを鵜呑みにして批判。まんまと乗せられている人もいる。また、小池百合子批判が意外に少ないのには「小池、嫌い!」「知りたくもない!」と感情論で否定するので、知ろうとしない。彼女の問題点を探らない。過去を追及しない。だから批判する材料がないのではないか?

そのためにいつも鋭い意見を言う人たちも、応援していない候補に関して情報がなくデマや伝聞でツイートしてしまう。おかしなことになる。いつも「鋭い!」と思えるのは現政権やコロナ、黒川問題等、彼ら彼女らが興味を持って調べて情報があるので「鋭い!」と思える意見となるのだ。都知事選ではその情報を持たずにツイートしているのだろう。分かりにくいのでまとめる。

①応援していない候補のことを知ろうとしない。
②よく知らないのに聞きかじった情報で批判する
③オリンピック・スポンサーのマスコミは太郎、宇都宮に落選して欲しいので、デマや批判を報道。小池を応援。

この3つが合間って日頃鋭い意見を言う人たちも、はあ?と言う意見をツイートしてしまうのだろう。これは日頃から僕自身が自戒していることでもある。「嫌いな人のことを知ろう」その上で批判する。嫌われている橋下、アヘ、ホリエモン、トランプ、小沢一郎の本を読む、インタビューを聞く。情報通に意見を聞く。

その上で判断。だからトランプや小沢が言われているような人でないことが分かった。そして人は「嫌い」と言う感情を持つと冷静さをなくし、断片で物事を判断する特性がある。それを利用しているのがマスコミ。誘導、印象操作を行う。先のオリンピック・スポンサーたちは「小池大きくリード」と言う誘導を行う。選挙に行く気を無くさせる作戦。

「嫌い!」「応援したい!」感情的になるときは気をつけよう。誘導されやすい。客観性をなくしやすい状態になっているから。


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。