SSブログ

コロナ感染で日本人が学ぶこと=あの政権を止めないから、こうなったということ。 [コロナウイルス]

94431583_3718182021589408_1953855436985729024_o.jpg

コロナ感染で日本人が学ぶこと=あの政権を止めないから、こうなったということ。

不幸というのは悲しいが、幸せを確認することができる機会でもある。いつも健康だと健康のありがたみが分からない。が、病気になると健康でいることの大切さを痛感する。その意味で今回は日頃気づかないことに気づくチャンスだと思いたい。

友達と集まり、おしゃべりをし、酒を飲んで盛り上がれること。連休に家族と遠くへ旅行できること。春に入学式を迎え、満開の桜の下で記念写真を撮ること。恋人と抱き合うこと。マスクをせずに話ができること。いろんなことが幸せであったことに気づく。

原発事故でさえも、いろんなことを教えてくれた。本当は原子力発電なんて必要なかったこと。原子力ムラが金儲けのために進めていたこと。彼らは政府を動かす力があること。電力会社が強大な力を持ち、必要以上の電気料金を取っていたこと。マスコミも彼らの味方だったこと。事故があったことで、いろんな腐敗が見えてきた。

90233765_3588506324556979_3065583635378733056_n.jpg

同じように今回のコロナ感染でも、いろんなことが見えてきた。政府は危機管理能力がないこと。できるのはカビマスクを配ることくらい。そのマスクも未だに多くの人に届かない。会社が潰れ、個人が家賃を払えなくても国は10万円しか支給しないこと。国民の健康よりオリンピックが大事なこと。この後に及んで来年のオリンピックしか頭にない人たちもいること。

これまで、日本を戦争ができる国に戻し、消費税を上げ、そのほとんどを福祉ではなく法人税軽減の補填に使っても、それに気づかず自民党に投票していた20%の国民がいる。今回は流石に気づいたのではないか? あの政権が存続すると多くの国民が犠牲になるということを。仕事を止められ収入を絶たれる。健康を脅かされる。家族や友人、死ななくていい人たちを失うだろう。

「何とかしろよ。政府!」となる。自民に投票はしなくても「野党はダメだ」「他の議員もひどい」「どこも支持できない」と棄権した人たちも同罪。先の20%と同じ自民応援団。だが、今回は明確に分かった。あの人ではダメだ。あの党では日本が終わる。もし、これでも分からないなら、国民は政府の犠牲となるしかない。これは最後通告。

「これでもまだ自民に投票し、命を預けますか? それとも他の選択肢を選ぶますか?」

森友、加計学園事件は人ごとで済んだが、今回は我々の問題。命の問題。今回、それを日本人の誰もが気づくことになるのだろう。
60764999_2681749791899308_369149531398340608_n-8d7ef-51fa7.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。