SSブログ

駅で見たポスター なるほど!公務員(自衛隊)は「国民」を守るのではなく 「国家」を守る仕事? [2020]

86719742_3490366777704268_1793485159199145984_o.jpg

昨日、駅で見たポスター

なるほど!公務員(自衛隊)は「国民」を守るのではなく

「国家」を守る仕事なのね?太平洋戦争時代と同じ。

沖縄戦も住民を守らず、犠牲を強いても日本国を守る戦いだったしね。


73320400_3138188356255447_1754527516606857216_n-1.jpg
nice!(2)  コメント(1) 

nice! 2

コメント 1

早田 快人

ダグラス・ラミス先生によれば・・・
歴史上、軍隊というものが殺した人間の数は 外国人よりも、
”自国の人間” の方がずっと多いのだとか。

”国家” を守るためであれば、
自国の人間にも銃口を向けるのが軍隊だということは
自衛隊に交戦権を与えて軍隊とする前に
覚えておかないといけませんね。

交戦権というのは「人を殺す権利」に他ならないということも。

ある意味・・・正直なポスターですね。

by 早田 快人 (2020-02-21 09:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。