SSブログ

「私は神だ」も「小沢一郎は悪人だ」も実は同じ背景?=思い込みの怖さからその病を説明する。 [精神病&精神障害]

IMG_0705.JPG

「私は神だ」も「小沢一郎は悪人だ」も実は同じ背景?=思い込みの怖さからその病を説明する。

精神病というと自分とは関係のないものと思いがちだが調べるほどの、病気でなくても同じ症状を持つ人が多くいるということ。僕自身にも当てはまることが多いことに驚いた。

例えば統合失調症患者の症状の一つだが、「私は神だ」と言い出したり、「俺はヨーロッパのさる高貴な一族の末裔だ」と主張したりするものがある。さらに「電話を盗聴されている...」「家族が皆、入れ替わっている。顔は似ているが全部別人だ!」とかスパイ映画かSFドラマのような発言をしたりする。しかし「私は神だ」と言われても、それはあり得ない。「盗聴されている」と主張されても、なぜ平凡なサラリーマン男性の電話が盗聴されるのか?という疑問を持つ。

普通は「アホちゃうか?」で終わりだが、それは症状の一つ。なぜ、そんな非常識な発言をするのか? 頭が悪いということではない。そんな発言をしても患者の多くは問題なく、会社で働き、日常生活を送っている。原因を簡単にいうと「情報処理能力の欠如」なのだ。繰り返すが頭が悪いということではない。では何か?

例えば「電話が盗聴されている」の場合。患者は電話するときノイズが聞こえるのに気づく。普通なら混線しているのかな?で終わりだ。が、患者はこう考える。

「きっと盗聴だ」「でも、なぜ、僕の電話を盗聴するのか?」「平凡な会社員なのに?」「特別な機密も扱っていないし」「いや、何か特別な何かがあるんだ」「でなければ盗聴なんてしない」「きっと僕は僕自身も知らない何か特別な存在なのだろう」「だから国家が僕を監視しているんだ」「きっとヨーロッパの高貴な一族の末裔で...」と考えてしまう。

「それって単なる馬鹿だよ」という人もいるだろう。では、安倍総理を支持している庶民はどうだ?自分たちが散々踏みつけられているのに応援を続ける。逆に小沢一郎は悪人だ。と今だに言い続ける人も多い。まともに見ればどちらもおかかしい。根拠がない。彼ら彼女らの多くは、どんなに説明しても「安倍さんしかいない!」「小沢は信用できない」と言い張る。それは論理ではなくマスコミ等に刷り込まれた思い込みでしかない。

その種の思い込みが病的なレベルになれば、ヨーロッパの高貴な一族にだってすぐなれてしまう。一流ブラドを身につけるだけで「私はハイソ」と思う女性も多い。根拠のない思い込みが暴走したのがある種の精神病だと考えると理解しやすい。ここからが面白いのだが、続きはまた。


60764999_2681749791899308_369149531398340608_n-8d7ef.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。