So-net無料ブログ作成

なぜ、閣僚も官僚もあの人を止めないのか? 官邸内はどうなっているのか?=望月衣塑子さんの本から探る! [読書]

69969357_3001253749948909_4296292920476041216_n.jpg

なぜ、閣僚も官僚もあの人を止めないのか? 官邸内はどうなっているのか?
=望月衣塑子さんの本から探る!

前々からの疑問だが、現在の政権はどのような状態なのだろう? 戦争法案。日本が再び戦争をできる国にする法案を強行採決してしまう背景とはどんなものなのか? もちろん、賛成しないと阻害される。党を追い出される。賛成せねば!という強迫観念はあるだろう。

しかし、最初の時点で総理がそれを言い出した時。武器商人であれば賛同するだろうが、まともな人なら自分の子供が戦争に行かされるかもしれない不安が過ぎるはず。その時は立場を利用して免除にできると考えるのか? 我が子だけではない。息子の同級生。娘の友達が戦場に行き若い命を散らすことを想像しないのか?

総理が言い出したからと、

彼1人では何もできない。様々な人の力や根回し、裏付けの資料、憲法解釈と、優秀なブレーンが動かなければ法案として提出すること自体が難しい。その時点で潰すことも可能。それがなぜ、多くが協力し、提出され、可決されるまで行くのだろう? 周りは嫌々、やっているのか? 

あの総理は決して優秀ではない。漢字も読めない。歴史も知らない。表現力もない。子供のように駄々をこねる。大学もそこそこ。大した人には思えない。官僚たちがコントロールして抑え込むことが可能ではないか? いや、田中角栄のように学歴はなくても優秀な政治家がいる。あの人もそちらのタイプ? んーそうは思えない。

「モーニングショー」のコメンテーターでお馴染み

青木理さんが彼の祖父、父、本人の三代を描いた本を出している。先代、先先代に遡って一族の生き様を追跡した。結論から言うと、祖父(岸信介でない方)も、父も非常に優秀で思いのある人で、彼のように冷酷な差別主義者ではない。そして本人は高校、大学、社会人生活を通じて、いつも中位の成績。目立たない地味の存在だったと多くが証言している。

目立ちたがり屋で人の上に立つのが好きなタイプでもなかった。控え目で、おとなしい性格。伝説や武勇伝というものがない。そこからしてもやり手政治家の田中角栄のようなタイプではない。著者もそこで首を捻る。僕自身もヒットラーのようなところがあり、おじいちゃんの仇を討つためにもう一度!戦争!という人かと思ったが、青年時代がそれに繋がらないのだ。

東大出の官僚たちが抑えきれない訳がないのに、

今や独裁者。誰も逆らえるものがいない。暴挙を続け、日本を没落に突き進めている。政権内はどうなっているのか? そこで同じく総理を大研究している本。それも官邸の記者会見でいつも官房長官と対決している東京新聞記者・望月衣塑子さんの本の存在を知った。

彼の過去の部分は総じて青木さんの本と同じ。ただ、望月さんの方が厳しく批判している。強い憤りを感じる。果たしてあの人はなぜ、暴走し、なぜ周りはそれを止められないのか? その謎を解き明かしたい。





m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。