SSブログ

太平洋戦争時と同じ情報統制がすでに行われている! [都知事選13]

1554551_583052005102441_1538364582_n.jpg

 M候補が優勢!というニュースがよく流れるが、何か選挙のたびに似たような話を聞く。参議院選のときも”予測、自民圧勝”というニュースが何度も流れた。

 もう、多くの人が気づいているとは思うが、そんな情報を流して”ああ、それなら選挙に行っても無駄だな? どーせ自民が勝つんだから!”と投票に行く気をなくす作戦なのだ。事実、参議院では投票率がかなり下がって自民が圧勝した。

 投票率が下がれば、組織票が強い。まさに思うつぼだった訳である。今回のMさんのリードも全くのデタラメではないが、同じように投票に行く気をなくさせる作戦だと思える。

 だが、原発ゼロを訴える候補の逆襲が始まった。日に日に支持者が増えて行く。そこで、あの人たちが考えたのは、その事実を多くの人に伝えないこと。もの凄い圧力をかけてテレビを沈黙させた。そして推進派のメディアを駆使してMさん快進撃を報道。だが、彼の演説をしても観衆はパラパラ。それも隠したい!

 あれ? その手法どこかで聞いたことが!そう、太平洋戦争の最中。日本軍は敗退を繰り返しているのに、ラジオ、新聞で”快進撃””米軍駆逐艦を三艦撃沈!”などとウソの報道をして、戦争を続けようとしたのだ。

 まさに今、同じことが行われている。戦時中は戦争を続けるため。今は戦争を始めるために、情報操作を行い、国民を誘導しようとしている。だが、戦時中と違って現代はネットがある。いくらテレビ局に圧力をかけて沈黙させ、反原発のコメンテーターを降板させても、ネットで情報が広がって行く。

 皆で本当ことを伝えれば、戦時中の悲劇を繰り返さなくて済むかもしれない。それともネットがあっても、同じ愚かな歴史を繰り返すのか?それは私たち日本人。1人1人にかかっている。決めるのは我々だ。

ポスター改訂版 s.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。